01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アピストの産卵について想う

今のスタイル(M水槽12本)での飼育を開始して、1年半とちょっとが経過しました。
ようやくこのスタイルにも少しずつ慣れてきて、また水も出来つつあるのかな、と思います。
最近は魚の調子もなかなか良いですし、ちらほら産卵するものも出てきました。

P1040761-2
P1040761-2 posted by (C)ミヨ
P1040659
P1040659 posted by (C)ミヨ

あ、今日の記事の写真は全部使い回しです(^^;)
全く写真がないのも寂しいかな…ってことで、挿絵的な感じですw


それはともかく…一方で、どうも引っ掛かることが。
産卵のタイミングのことです。

水槽コンディションが上昇中のタイミングで産んでくれるのがベストですが
これまでを振り返ってみると、ことごとくその逆という気がしています。
そろそろ足し水をしようかなとか、スポンジをニギニギしようかな…と思ってるタイミングで
産む場合が殆どです。
中には、エアーの出が悪いまま放置して、もう崩壊寸前では!?と思ってる矢先に産む場合も。

P1030156
P1030156 posted by (C)ミヨ

このアラグアイアの時なんて、まさにそうでした。

これって、アピストからすれば
生命の危機を感じて、無理に産んでるだけ!?

それとも、僕がそろそろ手を入れたくなるくらいの頃が、アピストにとってはちょうどいい!?

それらを判断できるだけの経験値は、まだ僕にはありません。
ただ、産卵数やその後の歩留まりなどから考えても、後者ではない気もする(^^;)

魚や水槽の様子を見てれば、ある程度、水の善し悪しは判断できます。
だいぶ良くなってきてる気もするけど、まだまだ不十分。
何が足りないんやろう??
何かをしたほうがいい気もするし、逆にヘタに弄らないほうがいい気もする。
とりあえず、判断の精度を高めていくには、もっともっと魚や水槽を見まくって
もっともっと経験を積んでいくしかないのかな。。。

という、ボヤキでございましたw


手抜き更新ゴメンなさい(^^;)
お詫びに、素敵な写真満載の素晴らしいアピスト記事がたくさん見られる場所をご紹介します。
↓のバナーをクリックしてくださいませ~w
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

この写真たちのように
我が家のディアマンテズが稚魚をひきつれて泳ぐ姿が
もう目前に・・・・・う~ん、ニヤニヤしてしまいます!!

アピストのための水質管理については、なるべく変化させずに維持することがいいと勉強しましたが、これって相当難しいですよね・・・
人間の視点で水を綺麗にするのは簡単なことですが、
バクテリアや微小生物の調和のとれた飼育水を変化させずに浄化するとなると・・・
感触がつかめるようになるまで頑張ります~

あ、あの・・・ひとつ教えていただきたいことがあるんですが、
稚魚が浮上したときにはタンクメイト(我が家ではメダカ)は
水槽からお引っ越しさせたほうがよいものでしょうか。
このままでもいいのか、それとも移動させたほうがいいのかわからず、
いまのところは泳がせているのですが・・・・

それは永遠のテーマです(^_^)

こんな時、彼らの現地語で話せたら・・・と思っちゃいますね(笑)

1年半経っていたらそろそろ波も穏やかになってきているのでは?
私もアピスト2年生になったばかりなのでまだまだ経験不足ですが、水草水槽のカラシンを見ていると、水草の下葉が枯れ始め、水上葉を出し、ソイルの粒が無くなりかけた崩壊寸前の状態の時の方が活き活きとしているように思えます。
自然もこんな絶妙なバランスの上で成り立っているのではないでしょうか。そんな自然と同じ環境を我々が作るなんて到底無理なことと思います。
私もこれから色々経験して、波の高低差を少なくできるようになりたいなと思います。

No title

うちの場合は水草がたくさんあるので必然的に環境が大きく変化しないのでしょうか?
PH や硬度も余り変化がないので最近は測っていませんが。。。
こまめな換水にアピストが慣れたのでしょうか?

んーむずかしいです。

ゆきこむさん

きっとゆきこむさんのところでも、今週末くらいには
黄色いドレスを着たママの周りをベビーたちが泳ぐ光景、見られると思います(^^)

アピストは、おっしゃるとおり
いい水質を維持することが何より大事ですよねぇ。
ただ、人間の思う「いい水」と、魚の思う「いい水」は違う、ってのが難しいところです(^^;)
まして、相手(バクテリア)は、直接的には目に見えませんからねぇ。
「いい水」かどうかは、魚に聞くしかありませんし
そのためには、結局自分でよく観察し、経験を積むしかないのかなぁと思います。

あとタンクメイトについては…
正直、僕のような知識も経験も不足してる人間が答えてしまうと
間違ったことを伝えてしまわないか心配なのですが…
ただ、せっかく聞いてくださったので、あくまで「僕の意見」ということで書かせていただきますね。

僕としては「そのままにしておくべき」と思います(^^)
今、ディアマンテズのペアは、メダカという「共通の敵」がいることにより
ペアで協力して卵や稚魚を守ろうとしている状況かと思います。
もしそこから「共通の敵」がいなくなってしまうと
ペアの関係にも何らかの影響が出てしまう可能性があるんじゃないかと思います。
まして、メダカなら口も小さいうえ泳ぐ層も違うので、稚魚がやられてしまう心配も少ないですし
ペアが対処しきれないくらい大量に入ってるならともかく、そうでないのなら
上記の理由から、むしろ入ってるほうがいいんじゃないかと思います。
うちの水槽も、ほぼ全水槽にペンシルフィッシュを5匹ずつほど入れています。
これは、上記の効果とともに、余分なエサを処理してくれるという効果も狙っています。
(最近では、アピスト以上にペンシルがエサにがっついてますが…)
繰り返しになりますが、これはあくまで僕の意見ですので、僕よりもっと知識のある方にもお聞きいただけると幸いです(^^)

デスモさん

ホントですね(^^;)
アピストたちに「どうや?住みやすいか?」って直接聞きたいですw

1年半経ってはいますが、リセットに近いようなことを何度もやってる水槽も複数あり
まだまだ安定していると言える水槽は少ないですね(^^;)
そして、自信を持ってた水槽までイマイチな結果で…(>_<)
やはり、デスモさんのところでも
崩壊寸前のように感じる水槽のほうが、魚が活き活きしてる場合があるんですねぇ。
アピストの自生地画像を見てても、水草がキレイに生え揃ってるようなところはまずありませんし
大抵は泥が蓄積したような、僕らのイメージからすれば「崩壊寸前」にも見える環境ですもんねぇ。
まぁ実際には崩壊寸前ではないんでしょうけどw
自生地の環境を再現することなんてできませんが
日本で、人の手で飼うからこそ、できることだってあると思うので
これからも、魚や、魚と会話ができる方たちから、いろいろ学んでいきたいと思います(^^)

yossyさん

僕は、水草水槽でアピストを飼う、ってことをあまりやったことがないもので
自分の知識として語ることはできないのですが…。
ただ、考えるに、水草水槽だとまずは水草が活き活きと育つ環境を作ることが根底にあり
そういう環境なら、水質も安定し、しっかり浄化もされていて
アピストにとっても良い環境なんだろうとは思います。
yossyさんとこの水槽は、まさにそんな理想通りの環境ですよね。
だからこそ魚もキレイに育ってますし、コンスタントに繁殖もしてますし。
ベアタンクでも水草水槽でも、方法こそ全然違いますけど
とにかく、安定した良い環境を維持することが大事、という点は同じなんでしょうねぇ。
ってまぁ、言うが易し…ってやつですが(^^;)

No title

むむむ!そこですね~
水の安定はいつ訪れるのでしょう?笑
とりあえず1年は待ちましょうとS店長に言われましたが
待つのは大変ですwww
今はいろんな経験をして、魚の気持ちを分かってあげらるように
なれれば良いなぁと思っています^^やっと半年経ちました~汗
まわりに先輩方がいらっしゃるので助かります!

No title

現地の水を汲んでくるなんてことは到底無理なので、
やっぱり自分ちの水でやるしかないんですよね。
でも、そこが難しいんですよね~。
うちではリコリスの繁殖を目指している(つもりw)なんですが、
まったく手応えなしですw
ちょっとずつ水を作ろうとは思っていますが、ちょっとずつしか
前進出来ないですよね。
急にガラッと変えると、それも良し悪しでしょうけど、
急変ってことですしね。
やはり観察するってのが一番いいんでしょうけど、
それもまた難しかったり・・・。
小まめな試行錯誤をしていくしかないんでしょうかね~。

No title

コンディションというのは目に見えないですからねー。
目をつぶって、触覚を水につければ分かるかもです。
えっ、ミヨさん触覚ないの?・・・すんません、今インド夜中なんで。
産卵は産みたくなったら産んじゃう、てな感じですね。そんでそんなに水ができていなくても孵化・浮上はそこそこするように思います。
そのあとの稚魚の成長が一番影響を受ける部分だと思うのです。
育ててみて初めて、コンディションの良し悪しがあと付けで分かるということで・・・。
3週間たった時点で、そのロットの最初の判断をする・・というのが「魔の3週間」のホントの意味ではと思う今日このごろ。

No title

なるほどなるほど!
とってもわかりやすい説明をありがとうございました~!
たしかにメダカは上層をふらふらしているので、
稚魚たちに悪さをするような感じではないですね!!安心安心。
メダカなんかがアテ馬でいいのかと
入れた当初は自分でもちょっと疑問でしたが・・・。
初心者っていろんな意味でアブナイですよね。
他の方のブログやアピスト本も見ましたが、とくに繁殖中だからといって
タンクメイトを移動させてる話はでてなかったので、
このままメダカは同居させておきまーす!

ジャイコさん

ホント、いつになれば安定するのか…(^^;)
じっくり待てば、いつかは水ができてくるのでしょうけど
欲しい魚が次々と目の前に現れるのに1年も待たないといけないというのは
一種の拷問に近いですよねw

やはり、「魚の声」を聞くためには、しっかり観察して経験を積むしかないのでしょうねぇ。
半年ですか~、じゃああともう半年ですね!w

僕も、ブログをはじめて以来、いい先輩方と出会うことができて嬉しいです(^^)
…が、やはり直接お店に行けるかどうか、ってのは大きいですね。
関東に住んでらっしゃる方がうらやましいです(^^;)

ほんだしさん

そうですよね(^^;)
現地の水を汲んでくるのは無理ですし、もしできたとしても
その水質を維持できないと意味ないですからねぇ。
そして多分、水ってちょっとずつしか作っていけないのかなぁと思います。
お気軽に、これとこれを入れて…なんて、調味料みたいにできればいいんですけどw
リコリスって、そこまでちゃんと飼ったことないですけど
たぶん、やり方はアピストと近いんでしょうねぇ。
とにかく、よく観察して、じっくり、じっくり…って感じでしょうか。
まぁでも根気がいるというか…その間、ずっとモチベーションを保つってのも大変ですしね(^^;)
やっぱ定期的にご褒美(色が揚がるとか、産卵するとか)が欲しいですねw

taketatuさん

ホント、目に見えないというのが厄介です(^^;)
インビジブルなものなので、ここは感じるしかありませんね。
触角で…。



…あっ、僕、触角ないんやった!w

大阪人らしからぬ、ヘタなノリツッコミでごめんなさい(>_<)

でもホント、taketatuさんのおっしゃるとおり
魚って、産みたくなったら産む、って感じかもしれませんねぇ。
腹が張って、我慢できんようになったら出してしまえ!みたいな。
いやそれはさすがにちょっと違うか(^^;)
まぁでも、そのタイミングと水槽コンディションが上手く合えばいいんですけどねぇ。
うちは、なかなか合わせられません(^^;)
そして、なんとか産卵・浮上までいっても、水が合ってなければ稚魚に影響が出るわけですね。
3週間経って、まず最初の判断が下され、最終的な答えが出るのはもっと先…
それを何度も繰り返して、ようやく上達していけるんですね。
う~ん、先が長すぎです(^^;)

ゆきこむさん

いや~ホント素人考えで恐縮なんですけど、一意見として参考になれば幸いです。
メダカが、すごい勢いでアピストの稚魚を襲うのってあんま想像できないですしw
とはいえ、もちろん様子を見て、ヤバそうだったら早めに対処してくださいね(^^;)

たしかに、初心者のうちは、とんでもないこともいろいろやっちゃいますよね。
…などと言ってる自分自身が、まだ完全な初心者レベルなんですけど(^^;)
ただそれでも、今振り返ればゾッとするようなことを、少し前までは平気でやってたり。
でも、何が功を奏するかはわからないので、いろいろ試してみるのはありですよね(^^)
メダカにしたって、実際入れたことある人は殆どいないわけで、どうなるのか僕も興味津々です。
むしろ、水質が明らかに合わないネグロ系とかはともかく
大きさや特徴から考えて、意外とマッチするタンクメイトかも!?なんて思ってもいます。
どんな感じか、またブログでもご紹介くださいね~(^^)

No title

水作りは永遠のテーマですよね。
私なんて、ほんと気にしないタイプ(ダメ人間)ですから・・・
水質に関する道具はPHはかる試験紙しか持ってません^^;

水槽の中に現地の環境を再現するなんて、絶対無理ですもんね。
いくら現地と同じ水草を植えても、PHとかを同じにしても、
そこに降る雨や気候、土、他の生物・・・と、
他にも多種多様の影響がありますからね。

しかも、ばかでかい人間が定期的に覗いてくる訳ですからw
うまく行かないと悔しくなる事もありますが、
まずは楽しみましょう~♪って感じで、細かい事から逃げてる自分です。

けんzyさん

いや~ホント永遠のテーマです…。
pHやTDSなど、数値からある程度読み取れることもありますし
測っておいて損はないかなぁとは思いますけど
結局最後は、数字じゃなく、魚がいい状態かどうか!?ですよねぇ。
そういう意味じゃ、けんzyさんはウニマクも立派にブリードされてますし
状態の善し悪しを見極める目をお持ちなんだろうなぁと思います。
なので是非アピストを!w

現地を再現できないってのも、まさにおっしゃるとおりで。
大自然の中で起こることを、ちっぽけな水槽内で再現できるはずもなく。
なので、現地のことを頭に入れつつも、また違ったアプローチが必要なんだろうなと思います。
…って、どうアプローチしたらいいんかよくわかってませんけどw

人間が覗くのも、そりゃあ魚からしたらプレッシャーでしょうね。
だいぶ慣れてくれた感じもありますけど、カメラは恐がるヤツも多いですね(^^;)
まぁ、やるからにはちゃんとやりたいとは思いつつ、ストイックすぎてもしんどいし
楽しんでやりたいなぁとは思ってます…てか、楽しんでますw

これは失敗を繰り返して、経験を積むほかないでかね?誰にいくら聞いても自分のものにはならないし~手助けくらいのものでしょう。
失敗したら懺悔して、楽しく行きましょう!

けんけんさん

まさにおっしゃるとおりで。
もちろん、個々人に合わせてアドバイスをくださる方はいらっしゃいますけど
それでも結局、水槽は自分のモノであり、管理するのは自分以外の誰でもないですからねぇ。
アドバイスは有り難く受けつつも、自分で知識と経験を積み重ねていくしかないですね。
頑張りましょう~!

No title

どうもです~
1年半、丁度私がAP飼育して音羽に流れ
着いた時と同じ、そこから2年ですから~
ミヨちゃんのスポンジはこれからですよ!!
大魔王に必要なのは、時間!その時間が来る
までに経験を積み懺悔の会で変態の皆様と
討論し合い、お互いにより一層深みにハマリ
ましょ~(笑)

パパさん

こんばんは!
しかしホント、パパさんが音羽に行き着いてからまだ1年半というのが、未だ信じられないですw
うちのスポンジは、まだこれからなんですね!
そうだろうとは思ってましたw
それにしても、すっかり大魔王になってますねw
まぁとにかく、焦らずじっくり、でもしっかりと経験を積んで
来るべき時に備えたいと思います!
懺悔の会でも、是非皆さんと討論し合いたいですね。
あまり討論した記憶がありませんけどもw
とにかく、これからも皆さんと一緒に楽しんでいけたらと思ってますし
またアドバイスもよろしくお願いしますm(__)m
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。