05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番好きな魚

2013.05.16 13:19|ベタ・マクロストマ
いきなりですが、このブログのURLは、以下のとおりです。
http://miyo0516.blog.fc2.com/
そして、僕のTwitterアカウントは「miyo0516」です。
あ、そーいや今日は5月16日かぁ…。
いや、何でもないですw

まぁ、もう嬉しくない年齢になってきましたが
それでもやっぱ、この日を仕事場とビジネスホテルだけで過ごすってのは
ちょっと寂しいもんですね(^^;)

あ、プレゼントは前後半年、随時受付中ですよ!w
(もちろん冗談ですよ~w)


それは置いといて本題に。
まぁ一応特別な日ということで、特別な魚について書きたいと思います。

20年前、まだ子供だった頃に「一番好きな魚は?」と聞かれてたら
たぶん「コイ」と答えてたと思います。
10年前なら「スネークヘッド」、5年前なら「アロワナ」
そして今はもちろん「アピスト」

ただ、今一番大切な魚を一種類だけ挙げるとすれば
アピストのエリザベでも、メンデジィでも、ロートカイルでもなく
この魚の名前を挙げると思います。

「ベタ・マクロストマ」

Marudi産
P1020366
P1020366 posted by (C)ミヨ
P1020364
P1020364 posted by (C)ミヨ
メス個体
P1020611
P1020611 posted by (C)ミヨ

サラワク産(F1として購入)
P1020299
P1020299 posted by (C)ミヨ

ジャンル的には小型魚か中型魚になるかと思いますが
大型魚の魅力を存分に味わわせてくれる魚です(^^)
実はアピストよりアドケタが好きだっていうアピストファンは多いと思いますが、
僕にとっては、このマクロストマがまさにそんな存在です。
…って、アピストとはかけ離れすぎてますけど(^^;)
元々スネークヘッドに惹かれて熱帯魚を飼い始めた僕にとって
この魚の姿形は、まさにどストライクなのです!

P1030494
P1030494 posted by (C)ミヨ

水質に超敏感とか、病気になっても薬が使えないとか、いろんな噂があるうえ値段も高い。
最初はかなりビビってましたが、実際に飼ってみた印象としては…
そんな、難しい魚ではないと思います!
体が大きい分、アピストとかより体力もありますし、丈夫な印象です。
購入元のお店の方がおっしゃるには、無茶な使い方をしなければ魚病薬も使えるそうですし、
そもそも、うちでは今のところ病気になったことがないので、試す機会もなかったです。
ただ一点、水温にだけはホント注意が必要です。
高水温に弱いと言われますが、これはホントにそうです。
現に去年の夏、初めて飼ったマクロストマを死なせてしまいましたので…
(コイツがまたホント素晴らしい個体だったので、ショックで泣きそうでした…)
ある程度までは耐えてくれますが、やはり夏場の高温対策は必須です。

そして繁殖ですが、とりあえず卵を咥えるところまでは非常に簡単です。
(ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、マウスブルーダーなのでオスが卵を咥えます)
うちでは今、2ペアのマクロストマがいますが
毎月のように、というかピーク時は毎週のように、入れ替わり立ち替わり卵を咥えます。
しかし、難しいのはそこから。
たいてい数日で、オスの口の膨らみは消えてしまいます…。

Marudi産
P1020832
P1020832 posted by (C)ミヨ

サラワク産
P1020307
P1020307 posted by (C)ミヨ

以前に一度だけ、サラワク産のオスが2週間くらい咥えてたんですが
どんどん口の膨らみが小さくなっていったので、ダメだろうなぁと思ってたんです。
それからかなり経って、水槽を掃除してたところ
なんと、1匹だけ稚魚が!
(写真は使い回しです)

P1030297
P1030297 posted by (C)ミヨ

実際は、あと数匹は産まれてたのかもしれません。
もっと早く気付いてれば…惜しいことをしました。

ということで、今は何の問題もなく元気に暮らしているマクロストマですが
やはり、夏が来るのが恐いです…。


皆さん、是非一度この素晴らしいお魚を飼ってみてください!
絶対に魅了されるはずです!
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

どうもです~
口にくわえた後、どうすればその先に進むか、
水しだい?それとも、飼育スペースや、お魚しだい?
なのかな?繁殖が難しいので、値段も高いのかな?
アロワナみたいな物かな~繁殖頑張って下さいね!!

No title

まずは、お誕生日おめでとうございます!
帰宅されたら、家族がお祝いしてくれるんでしょうねー。
ご自分へのご褒美はほどほどにー。

マクロストマは、現地では渓流みたいなところに生息しているらいいですね。暑さに弱いわけだ。酸欠にも多分弱い・・。稚魚も口の中なんでより酸欠になるのかも?(勝手な想像です。)
溶存酸素を増やしてみるとどうなるでしょう?(エアーか水温を下げるかですね。)

現地の状況から察するに、この魚、遠からずワイルドは絶滅すると思います。
是非、人工(人口はムリですよね。)孵化ででも殖やしてやって欲しいと思います。

お誕生日おめでとうございます!

ベタというと小さなカップ容器に入って売られているのしか見た事無かったのですが、ディフューザーの写真を見て、ん?と思いました。
ちょっと調べたらエリザベがアピストの最高峰なら、ベタの最高峰はマクロストマなのですね!
泡巣で育児せずマウスブリーダーだとは・・・やはり同じ種でも様々なのですね。
夏前に繁殖が成功するのをお祈りしています!

パパさん

こんにちは!
一般的には、咥えてから2週間くらい経ったら、強制的に吐き出させるようです。
口の両端をつまんで開けさせて、スポイトで口の中に水を入れると吐き出すとか。
(それがベストの方法なのかどうかはわかりません…)
ただ、産卵後3日間くらいで卵が消滅するケースが多く、そこを乗り切るのがまず大変です(^^;)

それなりに大きい魚でエサもよく食べますし
水質維持や遊泳性を考えても、やっぱり広い水槽で飼うほうがいいんでしょうけど
飼育繁殖だけを考えれば、M水槽くらいでも大丈夫な感じがします。
(うちは、M水槽と45cm水槽で飼ってて、唯一稚魚の孵化まで至ったのはM水槽のほうです)
購入元のお店では、とにかく何回も産ませてるうちに上手くいくようになるとおっしゃってましたが、
アピストに当て嵌めて考えれば、やはり水が出来てくれば…ってことなのかなぁと思います。

まぁ値段は高いですが、だいたいエリザベと同じくらいですので
アピスト重病人からすれば、驚くほどではないのかなぁとも思いますw
まぁ、そういつでも入荷がある魚じゃないのと、人気があるのとで
ベタの中では高いのかなぁなんて思います。
なんとか、ブリード名人のパパさんにも飼育していただきたいお魚ですね!w

taketatuさん

どうもありがとうございます!
今週末にお祝いをしてくれることになってるので、帰宅が楽しみです(^^)
自分へのプレゼントは、前倒しでいろいろやっちゃいましたので、自重しておきます(^^;)

マクロストマは、おっしゃるとおり、渓流に棲んでるので暑さに弱いんでしょうねぇ。
ベタとはいえ、酸欠にも強くはないのだろうとも思います。
エアレーションの量を増やしても、限界があるような気がしますので
やはり、水温を下げる対策は必須かなぁと思っています。
卵を咥えている間は、しょっちゅう口を動かして、卵に新鮮な水を与えてます(^^)
まぁ、マウスブルーダータイプの魚は、みんなそうでしょうけど。

このお魚、ワイルドはやはり危機的な状況なんでしょうか。
ホントに素晴らしいお魚だけに、それは寂しい限りです…。
なんとか殖やしたいですね。
僕の口でよければ、いつでも卵を咥えてやりたいくらいですw

デスモさん

どうもありがとうございます!

たしかに、ベタというとトラディショナルベタのイメージが強いですよね。
マクロストマは、育成環境や繁殖方法、そして見た目など、全く別の魚って感じです。
taketatuさんもおっしゃっているとおり、渓流に棲むベタですので
ディフューザーを使って、水流とエアレーションを強化してます。
飼育法として、合ってるのかどうかはわかりませんがw
ただ、もう片方のペアは、M水槽でアピストと全く同じ環境で育成してますが、特に問題はなさそうです。

体の大きさ、色、シルエットなど、本当にカッコ良くてキレイで、
まさにベタの最高峰だと僕も思います(^^)
なんとか、夏前までに繁殖に成功できると嬉しいです(^^)

連コメすみません

誕生日のプレゼントは、インドカレーできまりですね!
お会いできなくても、お店に預けておきましょう。

マクロストマ、ブルネイは王様が最終禁止にしていて、
SARAWAKでの保護されていないので入手できるが、生息地はいずれ
油ヤシの農園にかわるだろう・・とのこと。
ネタ元は以下。
http://www.seriouslyfish.com/species/betta-macrostoma/
写真をクリックすると、現地の様子なども紹介されています。
英国のサイトですが、ベタやローチの類が網羅されております。
(アピストは大した事なし)

という、知ったかぶりでしたー。

taketatuさん

いえいえ、何度でもコメントしてください(^^)

カレー、ホントですか!?
三度の飯よりカレー好き(っておかしいですねw)なので、嬉しすぎます!!
ありがとうございます!!!

そして、ステキなサイトの情報ありがとうございます!
残念ながら英語力があまりないのですが、ベタ・パランカラヤの記事(写真付き)まであり、
文章があまり読めなくても十分楽しめます(^^)
まだ、ざっと見ただけですが、週末にでもゆっくり楽しませていただきます(^^)
いいプレゼントをありがとうございました!

ただ、記事の通りだと、マクロストマは今後、入荷がなくなる可能性大なんですね。
今いる個体を、今まで以上に大切に育てたいと思います。

No title

実は気付いてました。
5/16に、もしかしてミヨさんは今日誕生日なんじゃ?と思ってソワソワしてましたw
もう少し早く気付いていれば・・・。

マクロストマ、やっぱりいいですよね~。
王者の風格って感じがしますw
飼ってみたい気持ちはありますが、絶対繁殖はおろか、長生きさせることもままならないと思うので、
さすがにまだ手を出せないな~(^^;
いずれ飼える日が来ればいいなぁ。。。

おはようございます!
たまに音羽で見かける魚かな?すぐにいなくなるので、人気があるのだろうなぁ~と思っていました。ベタはヒレの長いの含めて未経験です。心の余裕が出来たら(アピスト熱が冷めたら)挑戦したいと思います~(笑)

ほんだしさん

おお、気付いてくださってましたか!
ちなみに、ほんだしさんのお誕生日はばっちり覚えてますよ!
ファンですので!w
(実はうちの娘と1日違いなので^^)

マクロストマ、いいですよね!
長生きさせることも難しいんじゃないか…ってことですが
そう思ってらっしゃる方のために、この記事を書いたわけです!w
特にほんだしさんは、既に何種かのベタやリコリスを飼育されてますし
むしろ、体が大きくて体力がある分、それらより楽だと思いますよ(^^)
飼いたいという気持ちをお持ちなのであれば…
いつ飼うのか…!
やめておきますw

けんけんさん

こんにちは!
そうですね、音羽にもちょくちょく入ってますよね!
特に去年(だったかな?)、一度とんでもない極上個体が入ってましたね。
翌朝のNEWSを見て、すぐに注文メール出しましたけど、既にSOLD OUTでした…
(というか、僕で3人目くらいだったようです)
入荷がある度にすぐ売り切れてしまうイメージですし、人気ありますね(^^)

アピスト熱が冷めたら、是非ベタも飼ってみてください。
…って、それだといつまで経ってもベタを飼えないじゃないですか~!(^^;)
そうとは言わず、まずは小さい種類からでも是非はじめてみてください(^^)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。