09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国士無双、そして背水の陣

2013.05.06 02:58|Ap.エリザベサエ
僕は子供の頃、故事成語や四文字熟語に関する本を読むのが大好きでした。
それらの多くは、戦国時代の中国での出来事(故事)が元となっており、
そのストーリーがとても面白かったのです。
中でも好きだったのが、韓信という武将の話。
ホームレス同然の状況からのし上がり、天才的な戦術を駆使して功績を挙げ
後には、国に二人といない名士、「国士無双」と呼ばれるまでに至った人物です。
そんな韓信が用いた戦術で最も有名なのが「背水の陣」
あえて川に背を向け、自らを追い込み、普段以上の力を発揮させるというもので
今でも一般的に広く使われている言葉ですね。
僕も、図らずもこの優れた戦術をよく活用させていただいておりますw

とまぁ、ここまで読まれた方は、おそらくこう感じていることでしょう。
「ふ~ん。…で、それがどうした?」と(^^;)

まぁ少し強引ですが、ここに繋がるわけです。

Ap.エリザベサエ ヤワウィーラ
P1030487
P1030487 posted by (C)ミヨ

まさにコイツは、アピスト界における「国士無双」
一度は未熟な僕のせいでオスを失いましたが、そうそう諦められるものではない。
お店に相談して、再度オスのみ頂きました。
しかも、ご厚意により今度の個体もAクラス。
次は、まさに「背水の陣」でしっかり育てんとダメです。

P1030488
P1030488 posted by (C)ミヨ
P1030483
P1030483 posted by (C)ミヨ
P1030481
P1030481 posted by (C)ミヨ

正直、ブログに書かず、仔取りに成功するくらいまでこっそり育てようかとも少し思ったんですけど
最初の個体を入手した際、また死なせた際、いろいろと激励のコメントもいただいたので
ちょっと落ち着いたタイミングで、今回ご紹介させていただきました。
まずはキレイに育て上げ、いずれは仔取りにも成功させたいですね。


改めて、今後にご期待ください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

赤いですねぇ

これまた赤いヤワウィーラですね。さすがA-class。
こんな個体を見せられると我慢できなくなりそうです。
”背水の陣”を期待しています。

アピストは

おはようございます。

ヒレの形もかっこいいし色もこれからどんどん出てくるのでしょう?
アピスト飼育は水が最も重要なんですよね。
「拝水の陣」で頑張って下さい!

アピジェルさん

本当に赤いです!
まさに僕の好みにピッタリです(^^)
この鮮烈な赤さは、きっと白く美しい水槽台に映えると思いますよ~!w
まぁ自分としては、ホント背水の陣でしっかり頑張ります!

ヤワウィーラ

ミヨさん
A-class さすがに美しい。
エリザベ様は上品ですね。
今後を楽しみにしております♪

No title

同じAクラスで♂のみ導入できたのですね。すごいラッキーだと思います!
ウチではトリオが2種類居ます(^^)。今度は是非仔取り成功してください。
「拝水の陣」そのお気持ち分かります。でもあまりプレッシャーを与えるのはおさかなにとってもミヨさんにとっとも良くないと思いますのでほどほどに(笑)
環境を整えてあげて気が付いたら産んでたというのが理想ですよね(^^)

No title

張良、蕭何と並ぶ漢の三傑ですね。
てことは、あと2種類のアピストを導入しないといけないんじゃないですかね?w
背水の陣で望んだら勝利間違いなし!
頑張ってください!(^^)

木鶏

デスモさん、いいこと言いますねぇー。いつか「気がついたら浮上してた」というような境地に到達してみたいものです。「いまだ木鶏たりえず。」これは中国の故事ではありませんな。
ともあれ、いずれ良いご報告があるものと期待しております。

Yossyさん

さすがYossyさん、うまいことおっしゃいますね!
色もヒレの伸びも、そしてブリードも、全ては「水」ですからね。
「拝水の陣」で頑張ります!
(上手い言い回しで返したかったですが、思いつかなかったのでそのままパクらせていただきますw)

ヒロさん

やはり、神様がAクラスと言うだけのことはあります(^^)
派手なのに品があるのは、さすがエリザベ!と思います。
大好きですw
しっかり育てたいと思います!

デスモさん

ホントそうですね!
やはり、比べると最初の個体のほうが多少は上だったのかもしれませんが
(そうじゃないと困りますw)
殆ど見劣らないレベルの個体をいただけたのは、ホントにラッキーというか有り難い限りです。
是非、この子のFを取りたいと思います(^^)

そして、おっしゃるように、変にプレッシャーをかけすぎても良くないと思いますし
趣味なので、マイペースで楽しまないと!ですね。
魚より水を育て、結果として魚を楽しむ、そんな感じがいいですね(^^)

ほんだしさん

おっ、ほんだしさんもお好きなんですか!?
コイツ級のアピストをあと2種は、いろんな意味でキツイですねw
なんとか、背水の陣で頑張りたいと思います!
失敗して、「四面楚歌」なんてことにならないようにしないと…(^^;)

taketatuさん

ホント、デスモさんのおっしゃる境地に達したいものです。
そこまでいけば、まさに「木鶏」の境地ですね!
僕もtaketatuさんたちと一緒に、神輿を担ぎたいものです。
もしそうなれば、木鶏どころか雄たけびをあげまくってしまうでしょうけどw

No title

どうもです~
背水の陣ですか~私も心掛けは何時も背水の陣
なのですが?(汗)良く敗戦しております~(笑)
あまり気合い入れすぎるより、ミヨさん何時もの
自然体で挑めば上手く行きますよ!!だってAP重病人
ですから~(笑)

パパさん

おはようございます!
まぁ背水の陣でも負ける時は負けますね(^^;)
おっしゃるように、プレッシャーかけすぎず、自然体で楽しみたいと思います!(^^)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。