05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロートカイル再び

2013.03.21 01:11|Ap.ロートカイル
当ブログの記念すべき最初の記事(ごあいさつ除く)として登場してもらった、ロートカイル。
それから2ヶ月ほど経ちますが…まぁ大きくは変わってません^^;
元々、うちでは餌を絞り気味にしてじっくり育成することが多いですが
こいつは、中でも特にその点に注意を払って育ててます。
(と言っても、健康に成長するのに十分な量は与えてますが^^;)

ロートカイルといえば、とにかくアピストの中でもNo.1と言っていい優雅さが魅力。
それは、細身の体型と立派なヒレ(特に背ビレ)からくるもの、と思っていますので
細身の体型をキープすることは、僕の中では絶対なのです。

因みに飼育者本人は、餌を食べすぎてメタボ状態です^^;

Ap.ロートカイル ウアウペス
P1020804
P1020804 posted by (C)ミヨ
P1020806
P1020806 posted by (C)ミヨ

スピードが速いのと、けっこう隠れがちなのとで、全然写真が撮れず^^;
しばらく頑張りましたが、この2枚しか撮れませんでした。
写真じゃわかりにくいですが、以前より尾ビレ・腹ビレが伸びたのと
体に徐々にメタリック感が出てきました^^

あとこの個体、顎のスポットがかなりいい感じなんです^^
なので、それが分かるような写真を撮りたかったんですが、今日はムリでした><
またいい写真が撮れたら記事にしようと思います^^

あとは尾ビレの赤さ。
「ロートカイル」とは「赤い楔」という意味ですので、僕の中では尾ビレの赤さは最重要ポイントです。
なので、もっともっと濃い赤になるよう、仕上げていければと思います^^


アピストの魅力は∞(無限大)!
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんわ!
アピストも奥が深そうですね!
ベタ、葉っぱ同様深みにハマると危険な匂いがするタイプですよね多分笑もうベタは片足つかってますがw
ベタのテラリウムとは別に南米系のテラリウムを作ってアピストを飼うのも楽しそう。

No title

ミヨさんのこだわりが詰まったロートカイルなんですね。

私も中国赴任の前に数ヶ月だけ飼育した事があります。
(すぐに手放すのを承知で購入しました。)
確かに優雅ですよねー。 私も赤い楔が入っているのは絶対です。
また、いつか飼いたいですが、当分はブログの記事でガマンします。
こりゃまいった、というような写真を期待していますゾ。

No title

赤い楔って意味なんですか。
初めて知りました!
じゃあ、赤くしないわけにはいきませんねw
かっこいい写真が撮れたらまたアップしてくださいね(^^)

naturetaroさん

またまたコメントありがとうございます!
そう、ベタや葉っぱと同じタイプですw
3つ全てにハマってる僕は、もう収拾がつかない感じです(^^;)

たろうさんも、ベタ&葉っぱは間違いなく片足突っ込んでますねw
引き返すか、そのまま行っちゃうか、今が分岐点ですよ~!
てか、Rootsさんでアリダルムとか買ってる時点でもう…ですねw

アピストは、ベアタンクで飼うことも多いお魚ですが、
たしかに、現地での様子からしてもテラリウムは合うはずですね!

taketatuさん

一番好きなアピストはエリザベサエですが
一番こだわりのある種はロートカイルですね(^^)
と言っても、こだわりポイントは至ってフツーですがw

次は、是非それが伝わる写真をお見せできればと思います(^^)

ほんだしさん

そぅなんですよ!
なので、赤い尻尾は絶対なんです。
いい写真が撮れるよう、日々シャッターチャンスを狙ってみます(^^)

こんにちは!
ロートカイルの優雅さにやっと気が付きました(笑)激しく同意します!
パッと広げたときの背鰭の高さには溜め息ものですね。

けんけんさん

こんにちは!
ロートカイル、やっぱ優雅ですよね^^
僕も以前は
「ロートカイルってとぼけたような顔してるし、背ビレがギザるでもなく、イマイチだなぁ」
なんて思ってた時期も実はあったのですが、
フィンスプ時の、帆のような背ビレの優雅さに気づいてからは、完全に魅了されてます^^
尾ヒレの赤さや顎のスポットなど、いろいろこだわれるポイントが多いのも魅力の一つかと思います。
次はもう少し魅力が伝わる写真も撮れるよう、頑張ってみま~す^^
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。