12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつの間にやら…

2016.01.17 01:37|未分類
しばらくブログを放置してる間に、2016年になってました(汗)
まぁ、今年もマイペース?更新になると思いますが、よろしくお願いしますm(_ _)m

あと、そろそろ自分でも忘れかけてましたが
一応、ここはアピストブログです。
でも改めて見てみると、アピストのことをちゃんと書いてるのは去年の6月が最後…(>_<)
決して、モチベーションが下がってたわけではないんですけどねぇ…。

まぁそんなわけで、新年一発目くらいはアピストのことを書きたいと思います。

僕がアピストに夢中になりはじめたのが、今から4年くらい前のこと。
当時から「アピストにドハマりした人は、最終的にマクマス系に行き着く」というイメージがありました。
そして去年くらいになってようやく、その理由が理解できた気がします。
今でもアピストの最高峰はエリザベサエだと思ってますし、ロートカイル等ネグロの魚も大好きです。
でも、マクマス系をはじめとしたコロンビアの魚たちの奥深さは、たまらないものがあります。
まだまだ「最終的に行き着いた」なんて言えるレベルではないですけどね。

あともう一つ。
去年、自分の中で劇的に変わったことと言えば、アピストの楽しみ方、価値観。
以前は、とにかく極上の個体を飼いたいという思いが強かったです。
水槽の数も限界がありますし、どうせ高いお金を出して飼うなら、少しでもレベルの高い魚を…と。
でも今は、とにかく「自分の目で見て選び、面白いと感じた個体を飼う」ことに、何より意義を感じます。
例え、結果的にその個体が「極上」と言えるレベルに達しなかったとしても。
そして、気に入った個体のFを採り、系統を維持していくことに愉しさを感じます。

ただ、そうなってくると
まだ色が出てない稚魚、そもそも色が出ない種類(笑)、そんなのが多くなってきてしまいます。
先日、我が家に来た妹が、水槽を見て
「兄ちゃんとこの熱帯魚、何て言うか…みんな茶色いな」と言ってましたw

そんな茶色い魚たちを少しでもキレイに育てあげていきたいなと思いますw

Ap.ビエジタⅠ クマリボ産 F1
_DSC1376
_DSC1376 posted by (C)ミヨ

つい先日まで、他の兄弟たちと混泳させてましたが
コイツをキレイに育て上げたいな~と思い、今いろいろと試してます。
実験をしつつ、しっかり育て、系統も維持していきたいです。

そして、こんな姿を今年も少しでも多く見られたらいいな~と思います。

_DSC1368
_DSC1368 posted by (C)ミヨ

コイツはホイグネイの♀。
写真ではほぼ見えないけど、稚魚がワラワラしてます。
やっぱ黄色い♀は何度見ても嬉しいものだし、ここからがアピストの醍醐味かな~と(^^)
ちなみにこのホイグネイは、通販で買ったブリード個体ですw
なるべく自分の目で見て選びたいけど、どうしても欲しい種の場合はね…w
そんな僕が今一番欲しいのはホンモノのワイルドのホイグネイですw
う~ん…今年中に手に入れることはできるんやろか。。。


そう言えば、ちょうど今日でブログ開設して丸3年、明日から4年目です(^^)
年々、更新頻度は下がってきてますが、今後も細々と続けていきますので
引き続き、よろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。