10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクアライフ、などなど

2014.11.16 01:13|未分類
アクアライフ12月号、毎年めちゃめちゃ楽しみにしてます。
恒例の、読者のお宅訪問特集が組まれますからね。
ホントにいろんな人がいるもんだなぁと、毎年衝撃を受けています。
今年は特に、変態的ないくとこまでいっちゃった方が多かったな、という印象を受けてますw
グッピーの温室を作られた方とか、庭中にメダカの池がある方とか、完全にいっちゃってましたねw
そして何と言ってもあのお方
凄い方だとは前々から思ってましたが、あそこまでとは…。
今度お会いした時にでも、いろいろ問い詰めようと思いますw

あ、あと、アクアライフに「アクアリウムあるある」っていうコーナーがあるのご存知でしょうか。
その名のとおり、アクアリウムに関する「あるあるネタ」をTwitterで投稿するコーナーなんですが
今月号に、あのほんだしさんの投稿が掲載されてます。
その内容は…

「緑のキスゴムを水槽ではなく、嫁につける。」

…って、ほんだしさん何言うてるんすか!w
そんなやつおらんやろ~!w

そんな恒例の12月号とともに、やはり外せないのは「アピスト特集」。
直近では2013年10月号、その前は2009年3月号。
その2冊は持ってたのですが、最近、もりきゅさんからこの号をいただきました。

P1080506
P1080506 posted by (C)ミヨ

アピスト以外のドワシクも載ってる分、アピストに関する記載はやや薄めかもしれませんが
何と言っても、あのお方のお宅訪問が載ってますからねw

で、ここから年代がぐ~んと飛びまして…

アクアライフ 1983年1月号
P1080507
P1080507 posted by (C)ミヨ

これは、熱帯魚マニアだった叔父から譲り受けたものです。
僕がまだ2歳にもなっていなかった頃の雑誌ですからね…貴重です。
今とは掲載される魚種が全然違ってたり、メチャクチャなこと書いてたり…って感じですが
(ペルテンシスとして紹介されてる魚が、どう見てもマックかビエジタだったり)
なんだかロマンがあっていいです。

そして、ロマンといえば、こちらの号はさらに凄い。

アクアライフ 1986年2月号
P1080508
P1080508 posted by (C)ミヨ

前回から3年経ち、内容はかなりパワーアップしてます。
「"グロスバンド”アピストグラムマ」として、メンデジィの♀らしき魚が紹介されてたりします。
この号の見どころは、「アピストグラムマ・ラインナップ」と銘打って
当時、学術記載されていたアピストが、グループ分けされてズラッとテキストで紹介されてます。
当時はもちろんエリザベサエも未入荷だったわけですが、エリザベの説明として
「アガシジィとの決定的判別点は見出せず」と書かれてますw

さらに、この号の中でとても面白かったのが、「AQUA FUTURE」と題したコーナー。
未だ実物を見たことのない、幻&夢の魚をスタッフが挙げています。
この中で、シーラカンスなどと並んで紹介されてるのがリコリスグラミー。
また筆者は、もしリコリスグラミーが入荷されることがあれば
80cmキューブ水槽に1ペアだけという贅沢な飼い方をしたい、と書いてますw
他に、最近ちょっと話題の北米のダータフィッシュとか、ゼブラキャットとかも挙げられてます。

とまぁ、失礼ながら今読むと笑っちゃうようなことも色々書かれてるわけですが
未知の魚たちに胸躍らせる様子が凄く伝わってきて、強烈にロマンを感じます。
もちろん今の時代でも、幻の魚とされる種は多いし、まだまだ発展途上だとは思いますが
やはり当時とは比べ物にならないだろうと思います。
そして、「夢のお魚」だったお魚たちが、当然のように入荷されることにそっと感謝します。

あと一冊、こちらはアクアライフではなく、伝説の雑誌と呼ばれるアクアマガジン。

P1080509
P1080509 posted by (C)ミヨ

1995年冬に発行された、第28号です。
これはやっぱ凄いですわ。
現地での採集記がメインとなっており、もちろん、採集されたばかりのアピストも載ってるし
アクアとは関係ない旅行記のような部分も読みごたえ十分。
まるで自分もその地にいるような、そんな気分にさせてくれます。

たま~にこれらの雑誌を読んでは、ロマンを感じているのですw
古き良き時代に、そして現地に思いを馳せて。
ネットで手軽に検索したのでは得ることのできない満足感が、やはり本や雑誌にはあると思います。


そして…話はガラリと変わりまして。
そう、有事が起きましたw

P1080510
P1080510 posted by (C)ミヨ

ちょっと状態があまりにもアレなので、あえてこんな写真ですw
整ったら、また記事にしたいと思います。
もしいつまで経っても出て来なかったら、整わなかったのだとお察しください(^^;)

この写真で種類がわかる人はいないでしょうねw
というか教えません~w


アピストとの出会いは苺一会w
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コケリウムとアピストと

このところ、週末はあちこちで松ぼっくりを探してますw
そこらへんに落ちてそうで、探すとなかなか見つからないもんですね~。
近所の人とか、義母とか、娘の保育園の先生とか、いろんな人に聞いて
いろんなとこに採りに行きましたが、何故か全然落ちてません。
やっとの思いで、ようやくいくつかゲットしました。

奥さんと娘が必死で松ぼっくりを探す中、僕は一人で葉っぱの採取をしてましたw
(ちゃんと松ぼっくりも探してましたよw)

P1080382
P1080382 posted by (C)ミヨ

なんかちょっと、採り子さんになった気分ですw

よく見かけるけど、種類がわからないシダたち。
P1080383
P1080383 posted by (C)ミヨ
P1080384
P1080384 posted by (C)ミヨ
P1080385
P1080385 posted by (C)ミヨ
P1080386
P1080386 posted by (C)ミヨ
P1080387
P1080387 posted by (C)ミヨ

同じく、よくわからないコケたち。
P1080388
P1080388 posted by (C)ミヨ
P1080389
P1080389 posted by (C)ミヨ

そして、コケリウムをしたくて、前々から用意してた植物たち。
P1080390
P1080390 posted by (C)ミヨ

今回の主役、ネオレゲリア。
P1080391
P1080391 posted by (C)ミヨ

これらの草を入れるのはこちら、「極 育養箱」
P1080393
P1080393 posted by (C)ミヨ

写真撮るの忘れてて、既に底石入れちゃってるけどw
これいいですよね~、なんだか往年のADAのVシリーズを少し彷彿とさせるフォルムで。
中古品ですが、以前入手して温めておりましたw

あと外せないのがこちら。
P1080392
P1080392 posted by (C)ミヨ

極床 超造形君。
こいつを…

P1080395
P1080395 posted by (C)ミヨ

水を足して、ねります。
そして、ケースにペタペタ貼りつけ、その上から植物を貼りつけ…

で、完成したのがこちらw
P1080404
P1080404 posted by (C)ミヨ
P1080406
P1080406 posted by (C)ミヨ

うん、微妙!w
これは皆さん、コメントしにくいやろうな~w
まぁ一言で言えば、思ったよりケースが小さかった(^^;)
なので、結局入れられなかった植物も多いし、入れた植物もちょっと大きすぎたものが多い。
あと、植え方が雑すぎましたw
ま、今後微調整もしようと思ってるけど、とりあえず初めてのコケリウムとしてはこんなもんかな。

P1080407
P1080407 posted by (C)ミヨ
P1080408
P1080408 posted by (C)ミヨ

ホントは、背面&左右の側面全部に植物を貼りつけたかったけど
それだとあまりにも窮屈になっちゃったので、右側はあえてオープンにしました。

やっぱこの水槽にはカエルなんぞを入れたくなりますね~。
特にヤドクとか!
…まぁ実物は買えないし飼えないので、フィギュアになるでしょうけどw

あれ、ネオレゲリアは…?w


話変わって…

アピスト。
一言で言うと、産卵ラッシュです。

P1080409
P1080409 posted by (C)ミヨ

この写真の右側にも水槽がいくつかありますが、とりあえずアピ用の水槽は現状これで全てです。
てか、一部アピが入ってない水槽もありますが。

で、これらの水槽の状況を記載してみると…

P1080409 - 2
P1080409 - 2 posted by (C)ミヨ

◆記載の意味
 「稚魚育成中」 ♀親もしくはペアで稚魚を育成中
 「F1育成中」   ある程度育ったF1を、親魚とは別に育成中
 「産卵中」     産卵し、まだ浮上してない状態
 「混泳」      複数のアピストを混泳中
 「非アピ」     アピが入ってない水槽
 「オスのみ」   ♂隔離用の水槽

つーわけで、16本中アピが入ってない水槽が3本、混泳や♂のみなど繁殖狙いじゃない水槽が3本、
そして、残る10本は全部繁殖中といった感じですw

P1080413
P1080413 posted by (C)ミヨ
P1080419
P1080419 posted by (C)ミヨ
P1080425
P1080425 posted by (C)ミヨ
P1080424
P1080424 posted by (C)ミヨ

やっぱ、黄色いドレスを纏った♀は美しいですね~(^^)

ビエジタⅢの♀は、産卵するとヒゲがはえるのが面白いですね。

P1080423
P1080423 posted by (C)ミヨ

ロート稚魚もすくすく成長中。

P1080422
P1080422 posted by (C)ミヨ

まぁどの水槽も、稚魚の数はあまり多くないんですけどね(^^;)
でも、産んでくれるとやっぱ嬉しいし、モチベーションもあがりますw

ところで、冒頭の松ぼっくりですが…

P1080436
P1080436 posted by (C)ミヨ

真ん中の白いやつは、うちの母が作って娘にプレゼントしてくれたものです。
で、これを娘が気に入って、自分でも作りたいということで
松ぼっくりをゲットし、家族3人(奥さん&娘&僕)で作りました。
クリスマスに向けて、リースも作りたいなぁと思ってますが、できるかな~、どうかな~w


今回は写真多めでw
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。