09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家にて&アピストたちの産卵

2014.10.26 02:01|Ap.sp.ミウア
2014/10/25

前回、奥さんの誕生日をお祝いしたという記事を書きましたが
実際には、今日(10月25日)が誕生日でした。
しかも、うちの親戚は何故か10月生まれが多いので、みんなまとめての誕生日会を実家で行いました。

P1080240
P1080240 posted by (C)ミヨ

母のお手製ケーキw
見た目はアレですが、手作り感があっていいでしょw
味は美味しかったですよ(^^)

さらに、7月に生まれた長男のお食い初めも一緒に行いました。

P1080257
P1080257 posted by (C)ミヨ

タコが、なかなかインパクトありますねw
これを…

P1080263
P1080263 posted by (C)ミヨ

丸かじり!w
というのはもちろん冗談です。

実際に丸かじりしたのは娘!w

P1080274
P1080274 posted by (C)ミヨ

なお、このお食い初めで使った料理は、後で娘がほぼ全て平らげましたw

うちの実家では、誰かの誕生日がある毎にみんなで集まってお祝いをしてます。
母が2月、僕が5月、父が9月、奥さんその他大勢が10月、娘&甥っ子が12月と
丁度いい間隔で誕生日があります。
唯一、やや間隔が開いてたのが5~9月でしたが、長男が見事7月に生まれてくれましたw
こういう機会でもないとなかなか実家に帰らないので、これからもずっと続けていきたいですね。


で、ここからはアピストの話。
「産卵」について、ちょうどネタになる出来事が3つほど立て続けに起きたのでご紹介。

まずは、ウアウペス産ロートカイル。

P1080292
P1080292 posted by (C)ミヨ

超絶見にくい写真ですが、随分魚らしい姿になってきました。
結局、10匹も残ってないですが、その分、残った稚魚はいい感じに育ってるようです。
とりあえずこのまま続行。
…なのですが。

P1080295
P1080295 posted by (C)ミヨ

産んじゃった…(^^;)

まぁ写真でも見えてるように、数が少ないしバラバラやし、残らないかもですが。
ここ最近、♀がややネグレクト状態だと思ってたら…。
いつの間にか、「女」に戻ってたようです(^^;)
やっぱ、小型水槽で飼う以上、「産んだら♂は即抜き!」がベストなのでしょうか。

次、ジュルエメ。
パパさんにいただいたジュルエメ、もう何度も産卵してるのですが
そろそろちゃんと仔採りをしようと思い、金曜の晩というか土曜の早朝にメンテナンス。
元々、デカいホーンウッドを入れてたのですが、こいつのせいで水が真っ茶色。
しかも、水槽内の水流が停滞してる感じもあったので、ホーンウッドを抜いて小さい流木と交換。
ただ、この流木はしばらく水に漬けてなかったため、未だ水面に浮いたままですw

で、さっき見てみると…。

P1080291
P1080291 posted by (C)ミヨ

あっちゃ~(^^;)
流木が沈むより早く、ガラス面に産んじゃいました(^^;)
この♀は、前回は流木の上に産んだし、元の飼い主(パパさん)に似て、なかなか大胆ですw

で、最後に…
先日、ココナゴさん家でオフ会を行った際、混泳水槽からあるお魚を掬わせていただいたのですが…
それがこのお魚です。

sp.ミウア(ミウア産)
P1080298
P1080298 posted by (C)ミヨ

もちろんワイルド個体です。
こんな高価なお魚をいただいちゃっていいのか?って感じですが
快くOKしてくれたので、遠慮なく持ち帰らせていただきました。
既にビッグサイズですが、やっぱカッコいいですね。
しかも、なかなか変わった色合いで、なんとなく「大きなパウキ」って感じの雰囲気です。

で、コイツが…

P1080226
P1080226 posted by (C)ミヨ

さっそく産んでくれました(^^)
しかも、かなり良い感じの卵!
数も多そうなので、カウントしてみると…

P1080226 - count
P1080226 - count posted by (C)ミヨ

見える範囲で、ジャスト100個!
さらに、流木の入り組んだとこにも産んでるので、もうちょいありそうです。
遅ればせながら、我が家では初めての3桁産卵です。
今のところ減ってなさそうやし、夢の稚魚ワラワラを是非見てみたいもんです。
いい状態で渡してくれたココナゴさんに感謝、感謝です。
なお、普段は産卵後も♂をそのまま水槽に残すことが多い僕ですが
ミウアは♂が強すぎると聞くので、今回ばかりは即抜きです。

ようやく、調子のいい水槽がいくつか出てきて、その水槽では産卵・浮上もするようになってきました。
それに合わせるように、入荷のほうも徐々にシーズンインしてきてますが
今年は、いろいろ見つめ直すべく、導入は控えめにして育成に力を入れていきたいところです。
…な~んて今は思ってるけど、どうなることやらw


やっぱ、産んでくれると楽しいです(^^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

我が家のモルフォ蝶(笑)ことエリザベ・ヤワウィーラ。などなど

2014.10.20 00:53|Ap.エリザベサエ
2014/10/19(日)

もうすぐ誕生日を迎える奥さんのお祝いのために、お寿司屋さんに行ってきました。

P1080183
P1080183 posted by (C)ミヨ

せっかくだから奮発して…ってことで
今まで自腹では行ったことのないような、やや敷居の高い感じのお店をチョイスw

小さい子供もいるので、個室にしてもらいました。

P1080207
P1080207 posted by (C)ミヨ

まるで旅館の部屋のようでした。

お料理のほうは…

P1080204
P1080204 posted by (C)ミヨ
P1080187
P1080187 posted by (C)ミヨ

一部ですがこんな感じ。
奥さんはお寿司を、僕は懐石(お寿司付き)を注文しました。
やはりどれもこれも、ひと手間ふた手間加えられてる感じで、職人の技が光っておりました。
中でも特に絶品だったのが穴子。
フワッフワで甘くて、最高でした。

というわけで…

P1080213
P1080213 posted by (C)ミヨ

追加注文w

メニュー表がなく、いったい1貫いくらやねん?という恐怖心もありつつ
この日ばかりはと、贅沢してきました(^^)

最後に、娘が撮ってくれた集合写真w

P1080215
P1080215 posted by (C)ミヨ

3歳児には大きすぎるカメラを、プルプルしながら撮影してくれましたw
うちの娘は、写真を撮るのも撮られるのも大好きだし、上手なのです(^^)
これからブログの写真も全部撮ってもらおうかなw

いわゆる高級店の部類に入るお店だとは思いますが
小さい子供も大変快く受け入れてくれ、お店の方も気さくで大変有り難かったです。
出世したらまた行きたいと思いますw


前座が長くなりましたが、ここから本題。

アピストの魅力の一つ、メタリックブルーの輝き。
そのメカニズムについて、Yossyさんがこんな記事を書かれてました。
まぁメカニズムの詳細はよくわかりませんでしたが(笑)、
要は色素由来の色ではないので、エサなどで色揚げするものではなく
素質が大事である、といった感じの内容です。
もちろん、状態の良し悪しも大きく影響してくることは、アピストを飼っていれば直感的にわかります。

で、僕が一番好きなアピストであるエリザベサエ、いろんな産地から日本にやってきますが
今まで見た中で最高の産地と思えたのがヤワウィーラ。
もちろん個体差はあれど
しっかり赤く、またスタイルが良く、何よりブルメタの美しさが印象的でした。
そんなヤワウィーラ産のエリザベ、なんとかFを少しだけ残すことができています。
その中で1匹だけ、明らかに色が揚がってきた♂がいます。

P1080132
P1080132 posted by (C)ミヨ
P1080124
P1080124 posted by (C)ミヨ

写真だと見えにくいでしょうけど、一応ちゃんと頬赤・腹赤です。
親個体ほど、色が濃くはないですが。
そして何より、ブルメタがギラギラです。
写真ではイマイチ表現できてませんけど(^^;)

ちなみに、2番手個体はこちら。

P1080222
P1080222 posted by (C)ミヨ

泣きたくなるくらいのレベルダウンっぷりです(T_T)
まぁコイツも、頬赤にはなりそうなんですが。

なんとかエース個体の血を維持するしかないのですが…
気になることが(>_<)

P1080218
P1080218 posted by (C)ミヨ

左側の体側に、白っぽいデキモノができてます。
これが悪化しちゃうと、かなりヤバいです(>_<)
つーわけで、毎日気が気じゃないんですが、とにかく体力をつけさせてます。
アドレナリンパワーに期待!w

あ、ツッコまれる前に言っておきますが、体型は残念な感じですのでw
恥をしのんでお披露目してるので、イジメないでねw

ちなみに、10匹ほどの稚魚を1つの水槽で飼ってますが、サイズ的には2番手個体のほうが大きいです。
なので、必ずしも一番強い個体が一番色が揚がるわけではないんだなぁ…という感じです。
やはり素質は大事!ということで。

そういや、我が家で最もモルフォ蝶に近い存在(笑)、Mr.ブルメタことジュルアエメラルドは…

P1080116
P1080116 posted by (C)ミヨ
P1080117
P1080117 posted by (C)ミヨ

ブラックウォーター(笑)のため見づらいですが
パパさん家から来た当時よりかなり大きく成長し、ヒレもビンビンに伸びてます。
♂1♀4というハーレム状態で、♀がひっきりなしに産卵してますが、まだ浮上には至ってません。
先日は、流木の裏ではなく表に産卵しちゃってました(^^;)

P1080121
P1080121 posted by (C)ミヨ

この時の卵は、結局すぐ消えちゃいましたが、数はかなりあったように思います。
もう十分成長したと思うので、そろそろ真剣に仔採りしようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

Nの衝撃 ~ココナゴさん宅訪問記~

2014.10.14 23:07|◆オフ会
「ミヨが行く」と題し、私ミヨがアクア仲間の水槽を拝見しに伺う、当ブログの人気コーナー!
※ウソですすいません

Vol.01ネグロ川の楽しみ方の梨乃のパパさんの実験室Ⅱ
    ※パパさんの実験室にはその後も何度か訪問させていただきました
Vol.02Aqua Purafaのpurafaさんのプラファーム
Vol.03ぼちぼちAQUAのsui-taさんのご自宅
Vol.04YossyのアクアライフのYossyさんの秘密基地
Vol.05:パパさんのご自宅訪問※写真なし

そして今回は、Vol.06:アピスト〜リーマンSTYLE シーズン2〜のココナゴさんのご自宅訪問記です!

ココナゴさんと言えば、関西で今最も勢いのあるアピストブロガー(ミヨ調べ)です。
初めて会ったのは今年の3月、taketatuさんが大阪に来られた時なので、まだ出会って半年ちょいですが
その後すっかり意気投合し、一緒に京都遠征に行ったりと、
今やブロ友・アピ友というより、いつもつるんでる友達という感じですw

そんなココナゴさんが、自宅でのオフ会を企画してくれたので、喜び勇んでお邪魔してきました。

参加者は以下の7名でした。
・ココナゴさん(主催)
Apistogramma GalleryのAGさん
ぼちぼちAQUAのsui-taさん
AND,apのブログのAND,apさん
APISTO OF DEATH by.もりきゅのもりきゅさん
K's aqua!のけーじーさん
・ワタクシ

ちなみに、AGさんはわざわざこのために、日帰りで広島から駆けつけられました。
そういや、先日ココナゴさんはアピブリコンの結果発表に立ち会うために、日帰りで東京に行ってました。
こういう話を聞くたびに、「ああ、自分は至ってノーマルだ…」と、ほっと胸をなでおろしますw

で、到着までに既に記事にしたい出来事もあったのですが、そのへんはすっ飛ばして…
ココナゴさん宅近くのショッピングセンターで待ち合わせし、築2年のオシャレステキマンションへGO!

で、玄関を抜けてリビングにお邪魔すると…
その一角に、こんなステキスペースが!

P1080137
P1080137 posted by (C)ミヨ

とにかくオシャレ!
アピストを多数飼う人は、縦にたくさん置けるように&底面積を稼ぐために
普通の横長の水槽を使うことが多いですが
ココナゴさんは、全て30*30*40のハイタイプの水槽で統一されてます。
それに加えて黒のバックスクリーン、これらが相まって非常にスタイリッシュな雰囲気を醸し出してます。
それだけじゃなく、30cubeに比べて水量が確保できる、上層部に余裕があるので
テトラ類などとの混泳もしやすい等、利点が感じられました。
あと、なぜかエアーの音もすごく静かで
これならリビングに置いても家族から苦情も出にくいだろうな、と思いましたw

ちなみに、この水槽の住人たちを少しご紹介すると…

Ap.ブライトビンデン(バニワ産)
P1080144
P1080144 posted by (C)ミヨ
P1080147
P1080147 posted by (C)ミヨ

よく伸びたライアーテールの尾ビレ、まるでクワガタの角のようですw

Ap.ビエジタⅠ
P1080150
P1080150 posted by (C)ミヨ
P1080155
P1080155 posted by (C)ミヨ

背ビレの後端と尻ビレの後端が良く伸びてて、まるでクワガタの角のようですw

他にも魅惑のアピストがたくさんいました(^^)
また、ココナゴさんはエサ取り用に、アピスト水槽にテトラ類を混泳させてるのですが、
これまた、こだわりの珍カラばかり。
水槽や照明などの器具類は全て統一するなど、随所にこだわりが強く感じられます。

そして、実はもう1つ、別室に水槽があります。

P1080157
P1080157 posted by (C)ミヨ
P1080158
P1080158 posted by (C)ミヨ

こちらは、パパさん宅で言うところの「サファリパーク」。
つまり、単独水槽で飼えなくなった魚などを収容する水槽でございます。
また、しばらくここで成長させてから単独水槽に移してペアリングさせる、というケースもあるようです。
ただのドボン水槽ではなく、こちらの水槽もすごく状態がいいです。
また、「えっ、なんでこの魚が!?」と言いたくなるくらい、顔ぶれが贅沢ですw

…というわけで、この水槽からとある魚を掬い、持ち帰らせていただきましたw

魅惑の水槽の前で、アピスト仲間たちとクワガタ談義…ホント面白かったです!w
※AGさんはクワガタ採集も大好きで、日本全国を飛び回られてます。
いやもちろん、メインはアピスト談義でしたけどもw

そして夕方になったので、この日のもう1つの予定…ショップ巡りに行く準備をしてる時…
ちょうどココナゴさんの奥様&娘さん2人(ココちゃんとナゴちゃんw)が帰宅。
「こんにちは♪」と、いじらしく挨拶してくれた、次女のナゴちゃん。
その後、少し恥ずかしそうに奥様のほうに行き、一言。
「オッサンら、まだおるで~」。
全員、爆笑でございましたw

もりきゅさん、けーじーさんの若者コンビはここで帰宅、残るオッサン5人でショップ巡りへw
レインボー→アクアテイラーズ→エキゾチックアフリカ、の3店を訪問しました。
レインボーは、相変わらずレインボーでございました…主に水の色がw
そして、ここでAGさんの眼力により、チビチビのビンデンの雌雄選別が行われます。
普段は明るく温厚なAGさんですが、魚を見る時の目は鬼気迫ってます。
これほど、魚の雌雄選別の眼力があるのになぜ…おっとw

ちなみに僕は、ここで娘へのお土産にドワーフザリガニをw

P1080161
P1080161 posted by (C)ミヨ

で、テイラーズで魚を見たり、用品調達をした後、最終目的地であるAFへw
いや~、楽しかったw

でもまだまだ終わりません、その後はココナゴさん家の近くのファミレスへ。
ホント、いつまで経っても話題は尽きません。
そろそろ22時頃かな…と思いきや、ラストオーダー(23時半)のお知らせが。
時が経つのも忘れ、深夜までファミレスでアピスト談義…
西も東も、やってることは同じですねw

この日1日、ホント楽しかった(^^)
アクアの中でも、アピストというニッチな趣味。
そんな趣味の合うメンバーが揃って、楽しくないはずがないですw
それに、ただ趣味が合うだけじゃなく、皆さんホント楽しくていい方ばかりですしね。
また、この日は特にAGさんがいらっしゃったおかげで、非常に勉強になりました。
やっぱこの方の知識と経験は、段違いです。。。

てな感じですが…
正直に書くと、ただ楽しかっただけじゃなく、ショックや焦りを感じたのも事実です。
ココナゴさんとはいつも仲良くつるんでたけど、実は自分よりはるか前にいってたんやな…と。
アピストに限らず、皆さんそれぞれのやり方で趣味を楽しんでらっしゃると思いますが
中でもココナゴさんは独自理論というか独自路線というか、そういった部分がかなりあるように思います。
ハイタイプの水槽に統一している点なんかも、まさにそうですね。
いろいろ勉強して採り入れつつも、とにかく自分で考え自分で試してみる…
柔軟かつ積極的にいろいろ採り入れるけど、こだわるところは頑固なまでにこだわる…
そして何より、明るくて人付き合いが上手なので、情報網や人脈も広く深い。
上達が早い人の特徴を兼ね備えてますね。

あ、ちょっとホメすぎたw

というわけで。
ココナゴさん、本当にありがとうございました!
そして、行き帰りともに車で送迎してくださったsui-taさん、本当にありがとうございました。
ホント助かりましたし、おかげで行き帰りの道中も楽しかったです(^^)
他の皆さんも、いろいろ話せたり、いろいろいただいたり…ありがとうございましたm(_ _)m

しばらく東京に行けないのは残念ですが、西のアピストもますます盛り上がってます(^^)
ココナゴさんからいろいろ聞けたし、来年はブリコンで東西対決ができるといいですね~。

にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ロートカイル2産地

2014.10.10 00:40|Ap.ロートカイル
我が家には今、ロートカイルが2産地います。

バニワ産とウアウペス産です。

どちらも6月の京都遠征時に購入した…のですが、実はバニワ産はその後…
ゴニョゴニョ…
ということで、あのココナゴさんの素晴らしい個体を譲り受けましたm(_ _)m

で、産卵しました。

P1080090
P1080090 posted by (C)ミヨ

この写真だとわかりにくいですが、噂通り赤いです。
赤唐辛子ですw

子育て中のウアウペス産と比べると一目瞭然です。

P1070757
P1070757 posted by (C)ミヨ

ん…あんまり一目瞭然でもなかった(^^;)
いや、実際に見れば全然色が違うんですけどね。
バニワ産のほうがオレンジが濃い感じです。

ちなみに卵はこんな感じ。

P1080092
P1080092 posted by (C)ミヨ

ホンマもうごめんなさいね。
自分の撮影技術のなさが残念すぎます。

まぁ土管の中なのでそもそも見えにくいですが
ざっとカウントしたところ、40個あればいいかな~という感じ。
昨日見た時はもっとびっしり産んでたような気がするけど…う~ん。

ちなみにこのロートは、前述のとおりココナゴさんからいただいたもの。
そして、このロートが卵を産み付けた土管は、パパさんからいただいたもの。
さらに、ウアウペス産が卵を産み付けた半割り植木鉢は、これまたココナゴさんからいただいたもの。
ホントありがとうございますm(_ _)m

そんなわけで、今我が家では2産地のロートカイルが産んでおります(^^)
てか、気温低下とともに水槽コンディションが徐々にあがり
今我が家ではかつてない産卵ラッシュ状態です(^^)
まぁ卵の数は少ないし、既に消えちゃったのもあるけど(^^;)
でも、なんとかこの中から、来年のアピブリコンに出せるような魚が出てきてくれるといいなぁ~。


今気付いたけど、♂の写真撮り忘れた…。
記事内リンクのココナゴさんのブログでご確認を…(^^;)
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

ニウアのミウア

2014.10.01 00:19|Ap.sp.ミウア
朝晩、随分涼しくなってきましたね~。
そして、アピストもいよいよ本格的にシーズンインといった感じでしょうか。
今シーズン一発目のビッグウェーブを期待したジュルアは、個人的にはあのお魚が来ず残念でしたが、
そうかと思ったらいきなりアルトタピチェが来ましたね~。
いろいろ面白い魚が入って来ると楽しいし、今年ももっともっと楽しませてもらいたいもんです。

で、今回の記事は、昨シーズンの目玉とも言うべき存在だったミウアです。
遅ればせながら、僕もニウア産を導入してました。

P1070967
P1070967 posted by (C)ミヨ
P1070980
P1070980 posted by (C)ミヨ
P1070966
P1070966 posted by (C)ミヨ

全然手前に出て来ねぇ~!(T_T)
この写真で伝わるかどうかわかりませんが、実はちょっと問題が…。

一言で言えば、♂が全然大きくならない!

他の方の話を聞くと、ミウアは大抵♂ばっかり大きくなって、♀との体格差が開く一方のようです。
僕自身、近縁種と思われるメンデジィで同じ経験をしてます。
が、うちのミウアは全く逆です。
♂は、♀と比べると若干食欲が控え目な印象を受けるような気がするような、そうでもないような…ですが
一応ちゃんと食べてるし、ブルメタの輝きもしまだ。さん並みにキラキラやし、自分より大きな♀を追っかけ回すくらい元気やし…。
なので、下手に手を出さずそのままにしてますが…ちょっと心配。
♀はもうお腹パンパンやし、早く産んでくれるといいんですがね~。

P1070970
P1070970 posted by (C)ミヨ


あ、そう言えば、話がガラッと変わりますが…。
先日、NHKの「あさイチ」っていう情報番組で水草水槽の特集があり
H2の馬場さんが出演されてたようですね。
後で知って、「見たかったなぁ~!」とガクッときてたのですが…。

なんと…。

たまたま偶然…。

その時の放送を、奥さんが録画してた~!!!

「あさイチ」って番組が面白いと聞き、一回見てみよう…てな感じでたまたま録画してたみたいです。
早速見ましたが、スタジオで実際に水草水槽を制作するなど、想像以上にみっちり特集されてました(^^)
馬場さんのような方がこうしてメディアで紹介することで、アクアに興味を持つ人も増えるはずやし
これからも是非、ご活躍いただきたいです~(^^)


一緒に視聴してた奥さんに「この人可愛いなぁ。お店行ったことあるん?」って聞かれたときは
「ん?おおおん…」と、上ずった返事をしてしまいました(^^;)
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。