10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

マクロレンズで撮ってみた ビエジタⅠクマリボ産

2016.04.22 00:59|Ap.ビエジタ1
どうも、ご無沙汰しております。
年末から4月にかけて、繁忙期真っ只中でなかなか余裕なかったですが
ようやく落ち着いてきて、趣味とかも楽しめる余裕が出てきた感じです(^^)

実は年明けに、今まで使ってたミラーレス一眼のカメラが壊れちゃいました。
修理に出すにも、けっこうな費用が掛かる感じで、どうしようかと思ってたところ
葉っぱ仲間の方が、いいカメラを安く譲ってくださるということで、有り難く頂戴しました。

Nikon D7000
DSC_1376
DSC_1376 posted by (C)ミヨ

生意気にも、Nikonユーザになりましたw

買ってからしばらくは、なかなか魚の写真を撮る余裕もなかったですが
少し余裕が出てきたところで、せっかくならマクロレンズを使って撮ってみたいな、と。
ただ、いきなりは買えないので、同じNikonユーザのもりきゅさん
Tamronの90ミリと、Nikonの60ミリのマクロレンズを借りて、試し撮りさせてもらいました。

Ap.ビエジタⅠ クマリボ産F1
_DSC1964
_DSC1964 posted by (C)ミヨ

まぁ、まだまだ設定もちゃんと弄ってないですし、バチッとキレイな写真を撮るのは難しいですが…
ただ、以前は大の苦手だった写真撮影が、すごく楽しく感じました(^^)

_DSC1987
_DSC1987 posted by (C)ミヨ
_DSC1982
_DSC1982 posted by (C)ミヨ
_DSC1919
_DSC1919 posted by (C)ミヨ
_DSC1918
_DSC1918 posted by (C)ミヨ

ちなみに、今回モデルになってもらったビエジタは、我が家で殖えたFです。
ずっと兄弟たちと同居させてて、色も全然出てなかったんですが
サイズだけ合わせて、適当に♂♀を選んで2匹だけで育てるようにしたところ
みるみるキレイになってくれて、すごく気に入ってます(^^)

↓は♀です。

_DSC2006
_DSC2006 posted by (C)ミヨ
_DSC2003
_DSC2003 posted by (C)ミヨ

あと、お隣さんw

_DSC2011
_DSC2011 posted by (C)ミヨ

こちらは、タイプ違いのビエジタです。
隣どうしで、いつもフィンスプしてて、見てて楽しいです(^^)

それはそうと、マクロレンズ、すごく悩みます…。
Tamronの90とNikonの60…どっちがいいかなぁ(^^;)
正直なところ、後者のほうがAFもメチャ速くて使いやすいなぁと感じました。
が、その分お値段もアレですからねw
いずれにしろ、すぐには買えないので、じっくり考えようと思います(^^)

いいレンズがあると、撮影が楽しくなるし、そうなるとブログを書く意欲も湧きますねw


にほんブログ村
スポンサーサイト

我が家にもやって来ました(^^) ビエジタⅠ・クマリボ産

2015.01.26 00:21|Ap.ビエジタ1

最近、巷で人気沸騰中のコロンビアのアピスト。
中でもビエジタⅠという魚は、混じり以外での入荷が殆どなく、入手は非常に困難です。
そんな希少なビエジタⅠの中でもさらに極々僅か、背ビレのエッジがエンジ色になるタイプがいます。

P1090167
P1090167 posted by (C)ミヨ
※ヒジョーにわかりにくくてすんません(^^;)
 わかりやすい写真は、パパさんSpecさんのブログ等をご参照くださいw

今季、そんな大変希少なビエジタⅠが遂に、纏まって入荷しました。
しかも記載地(プエルトガイタン)産とされる個体群です。
つまりこの個体群こそが「正真正銘のビエジタⅠ」ということになります。

ということで、(おそらく多くの)アピストファンが狂喜し、
中には1人で○ペアも買うという「鬼」も出現しましたw

それからしばらくして…
今度は、より詳細なロカリティーのついた、同タイプのビエジタⅠが纏まってやってきました。
しかも「クマリボ産」&「ビチャダ産」と、2産地も!

こうなると、もはや希少種とは言えないのか…(^^;)

僕のように、浅く楽しんでる人からすれば
魅力的な魚が入手しやすくなって嬉しい、てなもんですが
長年、この魚に夢とロマンを求めて
文字通り血眼になって追い求めてきた人からすれば、複雑な心境かもしれません。

ただ、今後どうなるかはわかりません。
アピストって、毎年のようにやってきてた種がパタッと来なくなるなんて、当たり前の世界ですからね。
そう、アピストとの出会いは苺…いや、一期一会なのですw
たくさんやって来てて、しかも程よく価格も下がった今こそが入手のチャンス!ということで…

Ap.ビエジタⅠ クマリボ産
P1090171
P1090171 posted by (C)ミヨ
P1090169
P1090169 posted by (C)ミヨ


この個体は、池袋のお店からやって来ました。
これまでは、葉っぱのほうでお世話になることが多かったんですが
いつかはこのお店でコロンビアのアピストを…とは思ってました。
で、今回、クマリボ産が入荷したとのことだったので、この機会にと購入させていただきました。

この個体は、何と言っても尾びれのツインバーが鮮やかです(^^)
そして、腹部の黄色みがかなり強い。
これであと顔に赤いラインが出れば完璧!かなw

なお、メスのほうはこんな感じ。

P1090162
P1090162 posted by (C)ミヨ

既に真っ黄色です。
さすがにもう少し太らせてからのほうが良さそうですが、産卵も…と期待させてくれます。

まだ小さめの個体ですが、キレイで育て甲斐があるサイズの個体で気に入りました。
U店長、ありがとうございます~(^^)


話変わって…
久々に料理のことでもw

休日の昼食は、麺類(パスタ・うどんなど)かお好み焼きが多いです。
お好み焼きは、自分なりにいろいろ試行錯誤してるとこです(^^)
最近は、山芋と豆腐を入れてフワッフワに焼くのにハマってます。
フワフワすぎて、キレイにひっくり返せないのが難点ですw

でも今回ご紹介するのはパスタw
「水菜とベーコンのパスタ」です。

P1090154
P1090154 posted by (C)ミヨ

見たまんまですが、生の水菜をたっぷり載せてるところがポイントですね。
初めて作りましたが、超簡単なうえ美味しかったです(^^)
(もうちょい美味そうに写真撮れば良かったなw)
クックパッドでも人気のあるレシピのようで、それも納得です。


今季も面白いアピが続々と…楽しいですね(^^)
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村