09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近導入した葉っぱたち

2015.06.04 01:48|Ag.ピクタム・トリカラー
今回は葉っぱの話。

ここ最近、常湿で育てる観葉植物を除き、
葉っぱは、サトイモ科(特にホマロメナとアグラオネマ)に絞って楽しんでましたが
先日、かなり久々にサトイモ科じゃない植物を導入しました。

Mapania sp. "Nanga pinoh" Kab.Melawi【TB便】
P1100380
P1100380 posted by (C)ミヨ

Mapania caudata Murung raya【LA0515-04】
P1100381
P1100381 posted by (C)ミヨ

Mapania caudata Bundang【LA0515-06】
P1100387
P1100387 posted by (C)ミヨ

Ericaceae sp. Bundang【LA0515-06】
P1100390
P1100390 posted by (C)ミヨ

マパニアは、以前からすごく欲しかったのですが
今回、TBさんから1産地、LAさんから2産地の入荷があったので、3つとも導入。
TBさんのは、通称「しだれムラウィ」として以前から知られてましたが
マパニアとして販売されるのは、今回が初めてですね。
今のところ三者三様といった感じですが、今後成長するにつれて同じ感じになってくるのか、
それとも違いがより明確になるのか、楽しみに育てたいと思います(^^)

あとエリカ様(笑)は、僕にとっては完全に未知の存在ですが、まるでブセみたいで面白いです。
これまた育て甲斐があるというか、どんなふうになっていくのか楽しみです(^^)

あと、新規導入ってわけじゃないですが…
アグラオネマの常温常湿栽培に再チャレンジです。

P1100391
P1100391 posted by (C)ミヨ

今までは、後ろにチラッと写ってる専用のケース内で育ててたのですが
うまくいけば、常湿のほうがカッチリ育って良いかなぁと思ったのと、
ケース内のスペース確保の目的もあり、常温常湿での栽培に切り替えることにしました。
以前チャレンジしたときは、イマイチきれいに育てきれなかったのですが
いくつかの点を改善してテスト中です。
これらがうまく育ちそうなら、養生中の株を除き全部常湿に移行する予定です。


次は魚の記事を書く…と思います(^^;)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

魅惑の葉っぱたち

2014.06.08 02:06|Ag.ピクタム・トリカラー
アピストファンのバイブル、ネグロ川の楽しみ方でお馴染みの梨乃のパパさんが
ジュエルオーキッドを導入し、とうとう葉っぱデビューを果たされたようですw
(ご本人は頑なに「葉っぱデビュー」を否定してますがw)
それを記念して、久々に葉っぱの記事を。

と言っても、つい最近までまともに管理できてなくて
今時点で、見られる状態の葉っぱは数少ない…。
そんな中でも、まだ見られる状態のものをいくつかダイジェストで。

アグラオネマ・ピクタム・トリカラー

P1060341
P1060341 posted by (C)ミヨ
P1060342
P1060342 posted by (C)ミヨ
P1060337
P1060337 posted by (C)ミヨ
P1060336
P1060336 posted by (C)ミヨ
P1060335
P1060335 posted by (C)ミヨ
P1060338
P1060338 posted by (C)ミヨ
P1060339
P1060339 posted by (C)ミヨ

やっぱこの3色迷彩柄はインパクトでかいっすな~。
ようやくまともに管理できるようになり、みんなドリル出しまくりです。
今後に期待!

次はホマロメナと、最近僕の中で熱が急上昇中のスキスマトグロッティス。

P1060343
P1060343 posted by (C)ミヨ
P1060344
P1060344 posted by (C)ミヨ
P1060345
P1060345 posted by (C)ミヨ
P1060346
P1060346 posted by (C)ミヨ
P1060347
P1060347 posted by (C)ミヨ
P1060348
P1060348 posted by (C)ミヨ
P1060349
P1060349 posted by (C)ミヨ
P1060350
P1060350 posted by (C)ミヨ
P1060351
P1060351 posted by (C)ミヨ
P1060352
P1060352 posted by (C)ミヨ
P1060353
P1060353 posted by (C)ミヨ

ホマは、ベルベット感の強いものや、新葉の赤みが強烈なものもあれば
ツルッとした感じのもの、緑が鮮やかなものなど、とにかくバリエーションが豊富。
オネマももちろん好きやけど、葉っぱの中ではやっぱホマが一番好きやな~(^^)
あとスキスマは、やっぱ派手な色合いが魅力的。
デカくなりすぎるのが難点ではあるけど、それはそれでまたカッコいい(^^)

そうそう、ホマと言えば。
ほんだしさんやシチさんも導入された、Jungle-Rioさん採集の葉っぱも導入しましたよ~(^^)

P1060354
P1060354 posted by (C)ミヨ
P1060355
P1060355 posted by (C)ミヨ
P1060356
P1060356 posted by (C)ミヨP1060357
P1060357 posted by (C)ミヨ

どれもこれも、マジで素晴らしいです。
中でも1つめの赤いやつは、僕の好みを全部兼ね備えててヤバいですw

他にも欲しい草は色々あったけど
既にほんだしさんに買われてたり、シチさんに買われてたりw
でも、この4種はどれもホントすっごく気に入ってるので、嬉しいです(^^)

Jungle-Rioさん、素敵な葉っぱたちをありがとうございました!

あと、葉っぱと言えば…
先日、伊勢志摩旅行に行った際、伊勢神宮とかにステキな植物がたくさん生えてました。
何の葉っぱかわからんけど、思わず写真撮ってきたので、ザッと載せます。

P1050927
P1050927 posted by (C)ミヨ
P1050928
P1050928 posted by (C)ミヨ
P1050931
P1050931 posted by (C)ミヨ
P1050948
P1050948 posted by (C)ミヨ
P1050955
P1050955 posted by (C)ミヨ
P1060028
P1060028 posted by (C)ミヨ

後で奥さんが旅行の写真を見た際に
「ちょくちょく植物の写真が入ってるんやけど、何これ?」と言ってましたw

ちなみに、個人的に一番惹かれたのは、この松だったり…。

P1050926
P1050926 posted by (C)ミヨ

枝っぷりが、まるで波のようで凄い迫力。
1本だけで絵になる迫力…この存在感、熱帯魚に例えるとアロワナのようw
この日以来、ご近所さんとかの家に植わってる松の枝っぷりとかが妙に気になりますw
うちは、こんなデカいのは無理でも、盆栽とかが欲しいなぁと思っちゃいました。


今回は完全に葉っぱ記事。
水草カテの方はもちろんのこと、アピストカテの方にも葉っぱの魅力を知ってもらいたいなぁ~w
葉っぱいいですよ~葉っぱ~!やってみませんか~?
…とか言ってたら、勘違いされて捕まりそうやなw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

我が家のオネマさんたち

2013.08.22 00:20|Ag.ピクタム・トリカラー
今回は珍しく葉っぱの記事です。

僕は元々、ビロードのホマロメナに興味を持って、葉っぱをはじめました。

ビロードのホマ…こんな感じ。

P1030508
P1030508 posted by (C)ミヨ

葉の表面がビロード状になっていて、かつ葉裏や葉柄・茎は真っ赤。
こんな葉っぱが自然界に自生してるなんて!って、衝撃を受けました。

そんなこんなで、ホマロメナを中心にあれこれコレクションしていたのですが…
今年の夏の暑さと、その対処の拙さにより、多くの株をロストしてしまいました…
自分の無知とヘタっぴさが情けなく、もう葉っぱへのモチベーションだだ下がり。
枯れた葉っぱをケースから取り出す気力さえ失せてました。
…が、先日のプラファーム訪問を機に、葉っぱへの情熱が復活!w
我ながら単純すぎます。
こんなことじゃダメだと、生き残った葉っぱは新しい用土に植え替え、
辛うじて芋だけ残ったものは、なんとか復活を願って養生させることにしました。

そんな中で、アグラオネマはどの株もビクともせず、順調に育ってくれてます。

つーわけで、今回は我が家のオネマコレクションをご紹介します。
葉っぱの記事はあまり書かないので、隠し球なしで一気に全部ご紹介!

まずはエース、エウレカ様。

P1040046
P1040046 posted by (C)ミヨ
P1040048
P1040048 posted by (C)ミヨ

上述のとおり、元々はホマロメナからスタートしましたが
トリカラーのオネマもどれか一種は欲しいなぁと思い、一番好みだったこの種を導入しました。
ちなみに、一応「エウレカタイプ」ではなく「エウレカ」として購入したものです。
常温常湿で、寒い冬も乗り越え、導入から約1年半…ようやく脇芽を一つ出してくれました(^^)
刻んだ茎から出たものではないので、一枚目からさっそくそこそこキレイな葉っぱを出してくれてます(^^)
親株のほうは、未だ表現を安定させられてませんが、サイズも色も徐々に良くなってきてます。

次はこいつ、ニルバーシュ。

P1040049
P1040049 posted by (C)ミヨ

エウレカを買った後、いわゆる王道的な表現のトリカラーも欲しいなぁと思い、購入。
同じニアス産のトリカラーでも、エウレカと違ってこちらは小ぶりで茎も細いですね。
そのため、重さに耐えきれず茎がグニャッと曲がってきたので、チョッキンして水苔植えにし、
発根が確認できたので用土植えに変更しました。

なお、元株からももう一本、出てきてます。

P1040050
P1040050 posted by (C)ミヨ

来月中くらいには開いてくれるといいなぁ。

とまぁ、しばらくは、オネマはこの2本のみでした。
わかりやすく派手でキレイなタイプが欲しかったので、この2種で満足した感じです。
しかし、ある種との出会いをきっかけに、オネマの奥深き世界に少し気付いてしまったのです。

それがこちら。
stiria+1です。

P1040051
P1040051 posted by (C)ミヨ

今をときめくLA便が誇る、アルゲントゥムシリーズ。
葉っぱが細身なのもカッコいいですし、濃緑と白の2色が互いを引き立て合ってる感じ。
また、しるば~らいんをはじめ、振れ幅が大きいのも魅力ですね。
中でも、このstiria+1は、個人的に派手さと渋さのバランスが絶妙だと思うんです。
そんなアルゲントゥムシリーズの魅力に気付いてから、オネマに関して視野が少し広がった気がしますw
まぁ、まだまだ「変態」と言われるレベルには程遠いですがw

また、LA便のオネマはもう一種あります。
上記stiria+1と同時に、某店の周年祭でゲットした「アチェ産」です。

P1040052
P1040052 posted by (C)ミヨ

当時、アチェ産のトリカラーは他にもいくつかの株がありましたが
間違いなくキレイになりそうで、かつ育て甲斐があると感じたのがこの株でした。
とはいえ、これも振れ幅はありそうなので、どうなっていくのか楽しみです。
なお、導入時かなり茎が長くて、しかも曲がってたので、チョッキンして水苔で養生中です。

そして、導入時期は前後しますが、我が家で唯一のTB便のオネマ、CW。

P1040055
P1040055 posted by (C)ミヨ

これは、TEAM BORNEOの季子さんが先日関西に来られた際に購入したものです。
新しい葉は、ちょっと白が消えかけてますね(^^;)
既にかなりボリュームはありますが、ここからどんな表現になるのか、まだ全然わからず楽しみです(^^)

そして次は西スマトラ産。

P1040056
P1040056 posted by (C)ミヨ

まだ幼株で全然表現がわからないですが
他のトリカラーに比べ、白の面積が広くてテラテラな感じが独特の種。
基本、振れ幅は殆どないようなので、「どう育つか楽しみ」というよりは
「親株の表現を我が家でも早く見てみたい」って感じですね(^^)

そして、ピクタムのラストは、将来のエース候補・アンダマン。

P1040057
P1040057 posted by (C)ミヨ

まだ小さすぎて、全然わかりませんね(^^;)
トリカラーの王道とも言うべき表現、早く見たいです(^^)
こちらも、親株の表現はもうわかっているので
それを早く我が家でも再現したい、って感じです。
前々から、写真等で見たことはありましたが
NATURAさんで親株を実際に見せていただいた時の衝撃は忘れられません。
まさに「The トリカラー」!

そしてここからは、ピクタム以外のオネマ。

まず、ロタンダム・タニンダーリ産。

P1040058
P1040058 posted by (C)ミヨ
P1040059
P1040059 posted by (C)ミヨ

ロタンダムは、オネマの中でピクタムの次に好きです。
葉脈が蛍光ピンクって、凄すぎます。
そして、出射氏採取のワイルドロタンダムってだけで、僕にとっては「買い」ですw
また葉柄が長くて独特の容姿をしてます。
一方で、葉っぱの色や形は、これぞロタンダムって感じ。
成長が非常に遅いですが、新芽が出てきてていい感じです(^^)

もういっちょ、ロタンダム。

P1040060
P1040060 posted by (C)ミヨ
P1040061
P1040061 posted by (C)ミヨ

こちらは、やや葉が細身の園芸種。
導入してからはもうそれなりに経つんですが、まだまだこれからの株ですね。
成長がめっちゃ遅いですが、だいぶ根がしっかりしてきたので、今後の展開が楽しみです。

そして最後に、メタリカ・ミャンマー(コートレイ)産。

P1040062
P1040062 posted by (C)ミヨ
P1040063
P1040063 posted by (C)ミヨ

これも、出射氏が採取されたワイルド株(の増殖株)です。
これもまだ小さいですね。
なお、通常のメタリカに比べ、成長してもコンパクトなサイズにおさまるようです。
コレクションするには有り難いですね。
実は、メタリカには今までさほど興味がなかったのですが
オネマ熱が上がっている中で、まだ何とか手の出るお値段で売られていたので、入手してみました。
そして、さっそくその魅力にハマってますw
「メタリカ」の名前通り、何とも言えない光沢があって、深い青緑というか、とにかく独特な色合いです。
そして、表面がボコボコとした姿は、まさに「男の葉っぱ」って感じ!?
成長はかなり遅いようですが、じっくり育てていきたいです。

とまぁ、こんな感じです。
いつの間にやら、えらいコレクションが増えてます(^^;)
こうして、葉っぱ熱が完全復活しましたw
やっぱり、キレイに育ってる葉っぱは美しくて魅力的やし
成長するにつれ美しく変化していくさまや、「作り込んでいく」感じなど
アピストにも通じるものがある。
今後はもう、大事な葉っぱをロストなんて絶対にしたくない!
100%は無理やとしても、せめてきちんと手は尽くさないと。
まだまだアピスト以上に手探り状態ですし、まだまだ子株が多い状況ですが
どれもこれも大事な葉っぱたちなので、しっかりキレイで立派な大株に成長させたいと思います。
今度このオネマたちを紹介する際に、どれかが減ってしまってる…なんてことにならないよう、
そして、できれば今よりずっとずっとキレイに育った姿をみていただけるように…。


それでもダメだったら、プラファームorろくろーファームに避難させてもらおうw
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

エウレカ No.1

2013.03.11 01:29|Ag.ピクタム・トリカラー
この週末は、書きたいことがいっぱいあったんですが
いろいろと忙しかったうえ花粉症が酷く、ダウン気味^^;
また花粉以外にもいろんなものが飛んできてるようで、マジでご勘弁願いたいです><

そんな花粉の時期ということで?、今回は久々に葉っぱの記事。

僕のアクア3本柱(魚・葉っぱ・レイアウト)の中で、明らかに登場回数の少ない「葉っぱ」
それは何故か。
別に出し惜しみしてたわけでも、熱が冷めてるからでもありません。
ただ単に
ブログで公開できる状態の株が殆ど無いから
です><

では、今日の主役をご紹介する前に、私の葉っぱ史でも。
(え、興味ない?聞こえませんw)

葉っぱに興味を持ったのは、一昨年のはじめ頃だったでしょうか。
アクアブログを読み漁るうちに、こういう世界があることを知り、ほどなく惹かれました。
ただ、同時に察知しました。
これは、一歩足を踏み入れると元には戻れない、底なし沼の如く危険な世界である、と…
なので、心では惹かれつつも、あえて敬遠していました。

そんな僕に、天使か悪魔かわかりませんが、お導きがあったのです。
…あれは一昨年の夏、函館記念
(あ、競馬のレースです^^;)
僕は、大穴馬券をゲットしたのです。
こうして難なく自由に使えるお金を手に入れた僕は、この機会にと、とうとう葉っぱに手を出したのです。
そう、禁断の世界に、とうとう足を踏み入れたわけです。
しかもいきなり、ベサールインシグニスという、ホマロメナ界の二大巨頭とも言うべき2種。
その結果は…やはり、恐れていたとおり。
これらの葉っぱは合法でこそありますが、そのヤバさたるや、
じゃない葉っぱとおそらく同等ですw

ただ、これを一つのきっかけに、ほんだしさんと交流を持てるようになったのは良かったです^^
もし葉っぱをやるのなら、是非入手したいと常々思っていた、これです。

P1020626
P1020626 posted by (C)ミヨ

温度計&湿度計ホルダー。
ちょっと水滴で見えづらいですが…
でも、やっぱいつ見ても素晴らしいです^^
オッシャレ~♪


その後、僕はまるでアレにでもなったかのように、葉っぱを集めはじめました。


気付くと、当然の如く増床
まさに恐れていたとおりの状況^^;
まずいまずいと思いつつ、葉っぱを見て恍惚とした表情を浮かべてる自分がいる。
やっぱ、作用としてはじゃない葉っぱと同じですw


しかし、所有欲に育成技術が追いつかず、また諸事情もあり、多くの葉っぱを失うことに。
今、まだ復活しようとしているものもあれば、完全にロストしてしまったものもあります。
しかし、貴重で高価な葉っぱたち、もうこれ以上は絶対に失いたくないです。
そもそも、僕の好きなサトイモ科の植物たちは、強健な種類が多いわけですし。
ということで、試行錯誤しつつ、少しずつでもコツを掴もうとしている、というのが今の状況です。

…と、前置き(?)がものすご~く長くなりました^^;
つまりそういうわけで、今現在、ブログで公開できる状態の株が非常に少ないわけです。
そんな中、導入当初から今に至るまで、何のトラブルもなくすくすくと育ってくれているのがコイツです。

アグラオネマ・ピクタム・トリカラー エウレカ Pulau Nias
P1020623
P1020623 posted by (C)ミヨ

一応「エウレカタイプ」ではなく、初便のエウレカ1~9のうち「1」の増殖株らしいです。
と言っても、違いとかよくわかりませんけど。(まさに宝の持ち腐れ…^^;)
当初はケース内育成をしてましたが、昨秋から完全常温・常湿に切り替えてます。

以前、某「葉っぱ~の聖地」にお邪魔した際
店長さんにアグラオネマの常温・常湿化についてお聞きしたところ
「徐々に順化とかさせなくても、いきなり外に出しても大丈夫」とのアドバイスをいただきました。
※産地や状態にもよると思いますし、外に出す場合はくれぐれも自己責任でお願いします。
なので、かなり恐かったものの、その日、帰宅するなりいきなりケースの外に出しましたw
数日間はビクビクしてましたが、特に問題ありませんでした。
また、寒い時期はさすがにピタッと成長が止まってましたが、調子を落とした様子はありません。
で、最近少し暖かくなってきたからか、また徐々に動き始めてます。

また夏場はかなりの速度で成長してくれました。
途中、花が咲いたので葉っぱの成長が止まったりもしましたが
(てか、また花芽があがってきてます…^^;)
徐々に模様もいい感じになってきてます。
とは言ってもまだまだですが。
今年の夏でどこまで充実させられるか、ですね。

横から見るとこんな感じ。
P1020624
P1020624 posted by (C)ミヨ

ちょっと下葉が落ちてて間延びしてますが、葉っぱ自体はかなり詰まって出てきてます。

上から見るとこんな感じ。
P1020619
P1020619 posted by (C)ミヨ

やっぱ、上から見るのが一番いいですね^^

現状、一番いい感じに模様が散ってる葉っぱ。
P1020620
P1020620 posted by (C)ミヨ

気温の上昇とともに、ようやく新葉が開きはじめました^^
P1020621
P1020621 posted by (C)ミヨ

でも、また花芽が出てきてしまってます^^;
P1020622
P1020622 posted by (C)ミヨ

花はいいから、葉っぱを充実させていってもらいたいもんです。

僕は元々鼻炎持ちのうえ、多分いろんな植物の花粉にアレルギーがあるようで
すぐに花粉に反応してくしゃみが出るので、年中、マスクを着けてることが多いですが、
サトイモ花粉にだけは反応しないでほしいです!w


自然界で、何でこんな色になったのか…不思議!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。