01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順調に伸びてきました! ビタエニアータ・ラーゴパラクーバⅠ

2014.03.30 01:21|Ap.ビタエニアータ
そろそろ、今期のアピストもシーズンオフが近づいてきたかな~という感じがします。
改めて振り返ってみると、いろんな種類の魚がたくさん入ってきたと言うよりは
特定の種に偏ったシーズンやったなぁという印象です。
ネグロ系では、ミウアがえらいことになってますね。
そしてシーズン序盤、大活躍だったのがビタエニアータでした。
その中で、新産地産として入荷されたものの1つが、ラーゴパラクーバ。

はじめから「いいな~」とは思ってたけど、何しろ新産地やし、よくわからない。
そうこうしてるうちに、上位個体はどんどん売れていき、完全に乗り遅れてしまいました。

が、しかし。

taketatuさんやヒロさんの個体を見てると、この産地のビタエニはどうやら凄いぞ…と。
凄いというか、僕の好みにピッタリやん!と。

ちなみに、僕が好きなビタエニは…

・青みが美しい個体で、いわゆるツインバータイプじゃないもの
・体型が細みである
・ヒレが立派

このラーゴパラクーバⅠの良個体は、上記3つの条件を全て、しかも最高レベルで実現してるっぽい。
それに、一般的にはビタエニはツインバータイプのほうが人気があると思うし
上記の条件くらいなら、多少出遅れてもまだ当てはまる個体が残ってるはず。

というわけで導入を決意。
2ヶ月ほど前だったと思いますが、当初はこんな感じでした。

P1050288
P1050288 posted by (C)ミヨ
P1050282
P1050282 posted by (C)ミヨ

見事にピントが合ってませんが、まぁ感じは伝わりますでしょうかw

そして現在の様子。

P1050710
P1050710 posted by (C)ミヨ
P1050697
P1050697 posted by (C)ミヨ

なかなかええ感じにヒレが伸びてます。
また、各ヒレの先っちょが赤いのが、なんともオシャレですw
黄色ではなく赤、個人的にはここがポイントです(^^)

バックショットもなかなかさまになってる…かな。

P1050714
P1050714 posted by (C)ミヨ

ぱお~ん!

P1050708
P1050708 posted by (C)ミヨ

まだサイズもそう大きくないので、もっと良くなると思います。

それぞれ好みはあるでしょうが、個人的には、どストライクの個体です。

もしかしたら、今我が家で一番、見る時間の長いお魚かもしれません(^^)


誤って、書きかけの記事を保存してしまいました(^^;)
その後修正しましたが、修正前の記事を読まれた方、すみませんm(__)m
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ビタエニアータ・カスターニャとBONOとブラインエッグ

2013.02.21 02:30|Ap.ビタエニアータ
ビタエニと言えば、僕の中ではアガシジィ等と並ぶ「THE アピスト」。
飼いやすく魅力的で、古くから知られ流通量も多く、値段もピンキリ。
そして、いろんな地域からいろんなタイプの個体が入荷される。
だからこそ、数ある中から「お気に入りの1匹」を見つけ出す楽しみもあります。

ビタエニアータ・カスターニャ
P1020303
P1020303 posted by (C)ミヨ

うん、やっぱりいい!^^
写真はともかくw
ビタエニはこれまでにも何度か飼いましたが、細身で青いタイプが好きです。
ツインバーの派手な個体ももちろん魅力的ですが、そもそもシルエットが派手な種なので
色味は落ち着いているほうが、上品な感じがして良いと個人的には思います。
カスターニャ産は、黄色など暖色系の派手な色彩が入る個体が多いようですが
あえて、最も色味の薄い個体をチョイスしました。

P1020335
P1020335 posted by (C)ミヨ

アピストファンって、種類毎に「理想像」を持ってる方も多いんじゃないかと思います。
この種なら、この本に載ってるこの個体が理想だ、とか。
そして、僕にとってビタエニの「理想像」と言えば
An aquarium.のホームページで2011年3月に紹介された、あの鰭ビンビンの衝撃個体。
アピストファンなら、多分ピンと来られた方も多いんじゃないでしょうか。
それくらい衝撃的でしたが、あの個体がまさしくカスターニャ産でした。
しかもあれが「厳選された極上の1匹」ではなく
「色味が薄く、最後まで売れ残った個体」とのことで、二度ビックリ。
僕が、今回あえてこの「パッとしない」個体を選んだのは、元々の好みに加え
「あの個体」の姿を追い求めていたからなのは間違いありません。

P1020332
P1020332 posted by (C)ミヨ

まぁ「カスターニャ」っていうのは、広い地域を指しているようなので
こいつが、あの個体のようになるかどうかはわかりません。
そうでなくても、アピストは個体差が大きいですし。
さらに言えば、本当にカスターニャ産かどうかも疑わしい。^^;
※と、購入元のショップ(An aquarium.ではありません)でも言っておりました。
少なくとも、体型とかの雰囲気は、あの個体とはだいぶ異なるようにも思います。
ただ、まだ小さいにもかかわらず、鰭がいい感じに伸びてきており、将来が楽しみですし、
産地はともかく、この個体の魅力を楽しみたいなぁと思います。

P1020333
P1020333 posted by (C)ミヨ

なお、一般便で産地が怪しいこともあってか、ブラジル産ビタエニにしては比較的安価でした。
高くて派手な極上個体を飼うのも楽しいですが
安価で、あまり目を付ける人がいない個体を自分好みに育て上げるのも、また楽しいです。
…まぁ2匹○千円の小魚って、世間一般の感覚では「安価」ではないでしょうが。^^;

P1020319
P1020319 posted by (C)ミヨ
P1020334
P1020334 posted by (C)ミヨ
P1020331
P1020331 posted by (C)ミヨ


話変わって…
今日は仕事が早く終わったので、BONOに行ってきました。
先日のろくろーさんの記事を読んでから、無性に行きたかったのです。
その記事でも、ものすごくパワーアップしてると書かれてましたが…
実際に行ってみると…それはもう想像以上でした。^^

とにかく、ここの店長さんの人柄に惹かれてお店に通っているのですが、
それに加え、今はもう一人、若い素晴らしい店員さんがいらっしゃいます。
知識が豊富で、質問に対し的確に答えてくれますし、プラスアルファでいろんな提案もしてくれる。
それに、おそらく仕入れもかなり任されてるんでしょうね。
以前に比べ、マニア心をくすぐるようなラインナップが明らかに増えてます。

店長の、人を惹きつける力に、若い店員さんの知識。
これはもう最強のタッグですね!^^

で、今日買ったものの一つがこれ。

ジュンクス・レペンス
P1020343
P1020343 posted by (C)ミヨ

正直、あまり知らなかった水草ですが、これがすっごく面白い。
有茎草らしいんですが、独特の形をしてて、ちょっとブリクサ・ショートリーフを繊細にした感じ。
独特の容姿を生かしてワンポイントにも使えそうですが
密植すれば、こんもりとした草むらのような感じも出せそう。
僕は、後者のほうを狙ってみたいと思います。
あまりレイアウト水槽に使われてるとこ見たことない気がするんですが(気づいてないだけ??)
いろんな可能性を感じるし、とっても面白い草だと思います。^^

ちなみに、BONOの店長に「ブログはじめました」って言おうかとも思ったんですが…
なんかちょっと恥ずかしくて言えずでした。^^;
なので、店内の写真とかは一切ありません!
詳しくはこちらをご参照ください!
(勝手に記事リンク貼らせてもらいました。ろくろーさんすみません!)


そして帰宅後…
An aquarium.からこれが届いてました。

P1020322
P1020322 posted by (C)ミヨ

ん…?
レイコンに出品しなさい、ということか…??

で、封を開けてみると

P1020323
P1020323 posted by (C)ミヨ

ブラインシュリンプエッグでした。
昨日注文して、今日にはもう郵便受けに入ってます。
いつも本当に助かります。ありがとうございます!

ちなみに、20g注文しました。
失礼ながら、計測してみると…

P1020324
P1020324 posted by (C)ミヨ

24g入ってました。^^
袋とか乾燥剤の分が入ってるとはいえ、ちょい多めです。^^
なお、言うまでもないとは思いますが
重さを計測したのは、信用していないからではありません。
多めに入ってることを知ってたので、あえて計測しました。

また、このブラインエッグ、20gで1,000円で、送料はメール便で80円です。
しかし実際には、速達で翌日到着します。
なので送料は、実際には180円掛かってるはずです。
つまり、こちらが支払うのはメール便の送料のみで、速達はサービスということです。

また、しっかり密封し、さらに乾燥剤まで入れるという手の込みようです。
素晴らしいの一言です。

そしてこのブラインエッグ、とにかく孵化率が素晴らしいです。
未孵化卵が多いと、それだけ水槽に「ゴミ」を入れる可能性が高くなってしまいますし、
一度にたくさんの卵を使わないといけないので、非効率でもあります。
高価で大切な魚のため、餌にもしっかりいいものを使いたいです。
そういう意味で、非常に使い心地のいい卵で、
一度使って以来、他のメーカーのものは使えなくなりました。^^;


BONOやAn aquarium.、その他いつもお世話になってるお店。
皆さんのおかげで、僕は素晴らしいアクアライフを満喫できてるんだなぁと
改めて、そっと感謝です。^^


素晴らしい魚!素晴らしいお店!!素晴らしい人たち!!!
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。