07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ミヨ

Author:ミヨ
タランティーノはまぁまぁ好きです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

Comments+Trackback

Comments<>+-
Trackback <> + -

Flash Piano

みんなの注目馬(白)

画面サイズ測定プラグイン

ユーザータグ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ出会いって素晴らしい!

2016.02.22 01:23|その他
いやぁ…もうブログ放置しすぎ(>_<)
忙しいのは事実ですが…まぁアレですね。
サボりだすと、歯止めがきかなくなりますねw

ここ最近、忙しくしつつも、色んな出会いもありました。

岐阜での出会い

まず昨年末。
仕事で岐阜に行きました。
で、せっかくの機会だからと、2店ほどショップ巡りをしてみました。
当初期待してたほうのお店が期待外れでしたが(笑)、もう1店が素晴らしかったです。
何が素晴らしいって、店長さんのお人柄。
そして、状態のいい草の数々。

そのお店は、NATUREさん。

決して特別な育成方法ではない…というか、むしろ非常にシンプルなんですが
それぞれの植物の特性をしっかり捉えて、それぞれに合った育成方法を採用されてるのが印象的でした。
なお、このNATUREさんでは、アグラオネマは基本全てこのようなセッティングで育成されてます。
(↓写真は我が家でのものです)

1456066032686
1456066032686 posted by (C)ミヨ

緑のスリット鉢に、透明のカップ。
インテリアとして楽しむには無機質的で味気ないと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが
僕はこの機能美とも言うべきシンプルな佇まいに感銘を受けまして。
20セットほど買って帰り、我が家のオネマたちを順にこのセッティングに変更してます。

1456065963426
1456065963426 posted by (C)ミヨ

福岡での出会い

こちらは、今月はじめの話。
仕事で福岡に行く機会がありまして。
最終日、仕事が早めに終わったので少し寄り道して帰ることに。

1456066132335
1456066132335 posted by (C)ミヨ

HEAT WAVEさんです。
エビ、ヤドク、そして葉っぱ(主にアグラオネマ)で有名なお店です。
こちらの店長さんも、非常に人望が厚い方です。
そんな店長さんとの出会いも大きかったんですが、さらに素晴らしい出会いが!

1454669473244
1454669473244 posted by (C)ミヨ

水草 はじめましたのkotoriさんです。
某所で「HEAT WAVEなう」的なことを呟いたところ、急いで駆けつけてくださいました!
いやーもうホント感動!!
わずかな時間ではありましたが、楽しいひと時を過ごすことができました(^^)
(kotoriさんの記事はこちら→Link

あと、せっかくなのでHEAT WAVEさんで草も買いました。

1456066044218
1456066044218 posted by (C)ミヨ

店主の古賀さんが自身で採集されたホマロメナです。
細葉でカッコいいです!(^^)
ビン詰めのまま渡してくださったんですが、これがなんとも可愛らしくて、そのまま育ててますw
まぁ新しい葉っぱも出て来てるし、そろそろ植え替えますが。

大阪での出会い

ネタを溜めこみすぎて、だいぶ長くなってきたけど、もうちょっとw
ラストは、出張とは関係ないし、初対面というわけでもないですが。

1456066076469
1456066076469 posted by (C)ミヨ

90cmスリム水槽。
実は以前から、庭に90cm水槽を置きたいなぁと思い、密かに探してたんですが、
cory amorのこじさんがちょうど90cm水槽を撤去されるとのことで、有難く譲り受けました。
まだセッティングする余裕がなく空っぽのままですが、これで遂にあの魚が飼える…!!
ワクワクもんだぁ~!w


そんなわけで、やっぱ出会いっていいもんですね。
人と出会う度に、世界がグッと広がる気がします。
kotoriさん、こじさん、改めてありがとうございました!





…あ、アピストも一応頑張ってますよw

AP.ビエジタ クマリボ産(F1)
_DSC1589
_DSC1589 posted by (C)ミヨ

けっこう前に撮った写真ですが…(^^;)

この魚について記事を書きたいけど、なかなかいい写真が撮れません(^^;)
それなりの写真が撮れたら、またアピストのことも書きますんで、今回はこのへんでご勘弁をw

にほんブログ村
スポンサーサイト

【料理】生ハムとトマトのパスタ

2013.02.25 01:29|麺・パスタ
週末の昼間は、麺類を食べることが多いです。
特に多いのがパスタ。
いろいろ種類もありますし、作るのも楽しいので^^

生ハムとトマトのパスタ
P1020374
P1020374 posted by (C)ミヨ

【材料】
 生ハム     3,4枚程度
 プチトマト   6,7個程度
 パスタ     200g
 にんにく    1かけ
 オリーブオイル 大さじ2
 塩       小さじ1/2
 粒マスタード  小さじ1

【作り方】
 1.パスタを茹でる。
 2.にんにくをみじん切りにし、フライパンに入れる。
   オリーブオイルを加え、弱火でじっくり焼き、香りを出す。
 3.塩と粒マスタードを加える。
   またプチトマトを3等分し、フライパンに入れる。
 4.パスタが茹で上がったら、フライパンに入れてさっと混ぜ合わせる。
 5.皿に盛り、生ハムをちぎって上に乗せる。

【ポイント】
 ・生ハム自体にかなり塩気があるので、塩をあまり入れすぎない。
 ・非常に短時間で作れます。
 ・本来は冷製パスタですが、冬場なのであったかくして食べました。
  大葉とかを振りかけても美味しいと思います。


あと、今日の晩御飯はトマト鍋でした。
昼も晩もトマトだったことには、今気付きました^^;

P1020378
P1020378 posted by (C)ミヨ

まぁ市販のトマト鍋のスープに、具材を入れただけですが^^;
そして、盛り付けが適当すぎて、全然美味しそうに見えませんが><
でも、美味かったです^^
白ワインともなかなか合ってましたし。
あと、スーパーに行ったらスイートキャベツなるものがあったので使ってみましたが
たしかに甘みがあって美味しかった!
そしてシメにはリゾット。
残ったスープにご飯を入れ、上から粉チーズを振りかけて食べるのですが、これがまたええ感じでした。
やっぱ冬は鍋ですね!
そして、シメはやっぱ雑炊ですね!(今日は洋風だったのでリゾットですが)

【料理】豚の角煮

2013.02.17 02:24|煮物・煮込み料理
僕が一番好きな食べ物は、カレーです。
いわゆる普通のカレーライスも好きですし、ナンで食べるインドカレーとかも大好きです。
そして、カレーの次に好きな食べ物が豚の角煮です。
ということで、今日(日付的には昨日)の晩飯として作りました。

豚の角煮
P1020224
P1020224 posted by (C)ミヨ
※既にある程度食べた状態で写真撮影しました。^^;
 にんじん等は、既になくなってます…。

【材料】
 豚バラブロック   適量(500g程度)
 大根        適量(1/4~1/2本)
 にんじん      適量(1/2~1本)
 ジャガイモ     適量(2~4個)
 ゆで卵       適量(人数分)
 白ネギ(青い部分) 適量
 土しょうが     1かけ
 水         適量(ひたひたになる程度)
 砂糖        大さじ3~4
 お酒        大さじ3~4
 濃口醤油      大さじ5くらい
 薄口醤油      大さじ1くらい
 みりん       大さじ3くらい

【作り方】
 1.豚バラブロックを適当な大きさ(厚さは1.5cmくらい)に切る。
   それを、フライパンで両面、焼き色がつくまで焼く。
 2.焼きあがった豚バラを鍋に入れ、同時にネギの青い部分と土しょうがを入れる。
   (土しょうがは、皮がついたまま適当にスライスする)
   水を、かぶるくらい入れて下茹でする。
   茹で終わったら、豚バラ肉をざるにあげ、よく洗う。
   鍋もよく洗う。
 3.洗い終わった鍋に、豚バラ肉を入れる。
   かぶるくらい水を入れ、砂糖・お酒を加え、クッキングペーパーで落し蓋をして4~50分煮込む。
 4.大根を適当な大きさに切り(厚さ1.5cmほどの半月切りor1/4に切る)、
   米のとぎ汁で20分程度下茹でする。
   ジャガイモは、レンジで下茹でする。(「ゆで根菜」のメニューがあればそれで)
   あと、ゆで卵を作っておく。(作り方はこちら参照)
 5.豚バラ肉の煮込みが終わったら、大根・にんじんを加え、醤油・みりんも加える。
   醤油・みりん・砂糖などは、味見をしつつ調整する。
   そして、再び落し蓋をして10分ほど煮込む。
 6.ジャガイモを加え、再び5~10分煮込む。
 7.一旦冷ました後、ゆで卵を加える。

【ポイント】
 ・以前は、お酒の代わりに紹興酒を入れたり、あと八角を入れたりもしてました。
  とにかくいろんなレシピがありますが、とりあえず今日作った内容を記載。
  他に、気分によって、ほんだし(調味料のほうw)や白だしを入れたりもします。
 ・ジャガイモは、基本的に男爵のほうが好きなのでそれを使う。
  但し、北海道産のものは煮崩れしやすいため、上記のとおり行う必要がある。
  九州産のものは煮崩れしにくいので、下茹でしなくても良い。
 ・豚バラは、一旦両面を焼くことで、うまみを閉じ込める。
  また、焼く&下茹ですることにより、余分な脂を取り除く。
 ・一旦冷ました後にゆで卵を入れることにより、卵に味をしみこませつつ半熟状態を維持する。
 ・煮込んだ後に一旦冷ますことで、肉などにしっかり味がしみ込む。

【料理】鮭とほうれん草のクリームパスタ

2013.02.17 01:52|麺・パスタ
料理のレシピ記事第2弾は、今日(日付的には昨日)の昼飯として作ったパスタです。

鮭とほうれん草のクリームパスタ
P1020223
P1020223 posted by (C)ミヨ

【材料】
 鮭        1切れ
 ほうれん草    1束
 しめじ      1房
 玉ねぎ      1/2個
 バター      10g
 白ワイン     大さじ2
 生クリーム    100cc
 粉チーズ     大さじ1くらい
 ブイヨン     1/2個
 塩コショウ    適量
 パスタ      200g

【作り方】
 1.フライパンにバターを溶かし、鮭を焼く。
   ※バターがなかったため、アロマーデで代用。
 2.ほうれん草を茹でる。
   茹で終わったら、4等分くらいに切る。
 3.パスタを茹でる。
   茹で時間等は、パッケージに記載の通り。
 4.鮭が焼けたらほぐす。
   また、細切りにした玉ねぎ・ほうれん草・石付きを取ったしめじを入れ、炒める。
   塩コショウを振り、あらかた炒まったところで白ワインを入れる。
 5.白ワインのアルコールをとばしたら、生クリームを入れる。
   ブイヨンと粉チーズを入れ、塩コショウで味を調えながらしばらく弱火で煮る。
   やや煮え切ってしまいそうな場合は、パスタの茹で汁で少しのばす。
 6.パスタが茹で上がったら、フライパンの中に入れ、ソースや具と混ぜ合わせる。

【ポイント】
 ・上記の分量だと、ソースが少なすぎた…。
  生クリームをもう少し多めにするか、牛乳を入れてもいいかも。

【料理】ゆで卵

2013.02.17 01:32|その他
突然ですが、このブログは、基本的にはアクアブログです。
さらに言えば、メインはアピスト、次に水草レイアウト&葉っぱです。
ということで、これまではマジメに?それらに関する記事ばかりを書いてきましたが、
そもそも、このブログの主旨は、ブログ名の上にも書いているとおり
好きなことを好きなときに、好きなように書き綴ります。」でございます。
そして、「ごあいさつ」でも述べたとおり、いろんなことをゆる~く書き綴っていきたいと思っています。
つまり何が言いたいかと言うと、今後はいろいろ脱線していきます!ってことですw
アピストブログとしてブログ村のランキング等にも参加していることを思えば「邪道」かもしれませんが、
どうか温かい目で見ていただければと思います。

さて、いきなりですが
僕は、3年前の結婚を機に、料理をするようになりました。
はじめは、「やらざるを得ない」といった側面が強かったですが、
今では、趣味とまでは言わないまでも、とても楽しくやっています。
平日は、最近は帰宅する時間が遅いので全く作れていませんが、
その分、休日はけっこう僕が作ることも多いです。

僕は、かなりの面倒くさがり屋です。
一方で、変にマメなところもあります。
最近は少しサボり気味でしたが、自分が作った料理は、すべてExcelにレシピを書いて残していました。
ただ、Excelだと、画像ファイルを貼るとサイズが大きくなって重くなりますし、
他に何かいい方法はないかなぁ…と考えた結果、「ブログに記事として残す」ことにしました。
ということで、基本的には「自分のため」に書くのですが、
ブログで公開することで、もしかしたら誰かの役に立つかもしれませんし、
もしアドバイスをいただけたりしたら、それもまた有り難いことです。
さらに、料理ができますアピールをすることで、好感度が上がればという魂胆もございますw
実際には、レシピがないと何にも作れない、超初心者レベルなんですけど。^^;

…と、前置きが長くなりましたが、料理ブログ?としての一発目の記事は、ずばり「ゆで卵」です!w
何故こんなものを選んだのかと言うと、これだけ長々と前置きを書いた後で
また長々とレシピを書く気にならなかったからですw
てことで、さっそくレシピを書きます!

【材料】
 生卵 適量
 水  下記【作り方】参照
 酢  適量

【作り方】
 1.鍋に、生卵と水と酢を入れる。
   なお水は、2cm程度の深さとする。
 2.そのまま、火にかけて沸騰させる。
 3.沸騰させてから6分間、そのまま火にかけ続ける。
 4.その後、火を止めて蓋をして、4分間蒸らす。

【ポイント】
 ・酢を入れることで、殻がむきやすくなる。
 ・上記により、黄身が半熟状態になる。

この後、立て続けにあといくつか書きます…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。